静岡大学教育学部磯山ゼミナールの見学を受け入れ、AEDや救命救急をテーマに、授業を行いました | 2015年度 | ニュース | 旭化成株式会社

サステナビリティ

静岡大学教育学部磯山ゼミナールの見学を受け入れ、AEDや救命救急をテーマに、授業を行いました

2015年9月15日
旭化成ゾールメディカル株式会社

2015年9月15日、旭化成ゾールメディカルは、静岡大学教育学部磯山ゼミの皆さんが企画した、「学校に関わるものにおける安全、防災、防犯」をテーマにした見学に協力しました。
当日は、参加した5名の学生の皆さんに、旭化成ゾールメディカルの簡単な紹介と救急医療の現状について説明を行いました。そして、学生の皆さんから出された「AEDの設置状況」「学校でのAEDの設置場所」「AEDや心肺蘇生に関して、教育機関と連携していること」「救命救急法の副読本を小学校に配布した理由について(AED使用者の対象範囲はどこまでか?)」「AEDについて、子どもに一番伝えるべきことは何か?」などの質問にお答えし、学校現場における救命救急医療とAEDについての理解を深めていただきました。また、AEDのトレーニング用機器を活用して、実際に、AEDの使い方や胸骨圧迫を体験していただきました。

  • 座学にて、救命救急医療とAEDについて学ぶ

実際にAEDを体験

以上