環境マネジメント | 環境 | サステナビリティ | 旭化成株式会社

環境マネジメント

方針

旭化成グループは、「環境との共生」をグループビジョンとして掲げ、地球環境対策の取り組みを重要課題と位置づけています。地球環境対策に関するグループ方針は以下の通りです。

旭化成グループの地球環境対策に関する方針

1.低炭素社会構築

  • (1)我が国の「地球温暖化対策計画」及び経団連の「パリ協定に基づくわが国の長期成長戦略に関する提言」を念頭に、旭化成グループの事業活動に関わる温室効果ガス排出量の2030年に向けた削減目標を達成する。
  • (2)地球温暖化防止と限りある資源の節約を企図し、事業活動のあらゆる段階で省エネルギーを推進する。
  • (3)旭化成グループのサプライチェーンから排出されるCO2(Scope3)の削減計画を立案する。
  • (4)旭化成グループ固有の技術を活用した低炭素社会作りに有用な製品、技術、サービスを、世界の市場に提供することにより、世界の温室効果ガス排出量低減に貢献する。

2.水資源の保全

当社の上水用濾過膜モジュール事業、水のリサイクルサービス事業、水質のモニタリング機器の販売、汚水浄化製品の販売を通して、世界の水資源の保全に貢献する。旭化成グループの取水量を把握するとともに、使用効率の維持向上に努める。

3.循環型社会の構築

旭化成グループは、循環型社会構築のため、事業活動において、ライフサイクル全体を通して使う、資源・エネルギーを効率よく使用し、環境負荷を低減することを推進する。具体的には、3R(Reduce, Reuse, Recycle)の推進とともに、低環境負荷な資源・エネルギーや再生可能な資源・エネルギーの使用割合を高めることを推進する。

4.自然との共生

自然資本の保全、生物多様性保全に配慮し、環境負荷低減を推進する。土地使用、生物資源使用についてもモニタリングし、管理する。

5.海外事業所(工場)

日本の工場の環境管理レベルを適用できるよう、モニタリング項目の整備を進める。

6.サプライチェーン

上記の活動のために、サプライチェーン構成メンバーと、積極的に協力・協働する。

マネジメント体制

当社グループの地球環境対策は、レスポンシブル・ケア活動の一環として位置づけられ、ISO14001をベースにしたマネジメントシステムを構築しています。
レスポンシブル・ケア(RC)推進体制は以下をご覧ください。

目標と実績

「旭化成グループの地球環境対策に関する方針」に基づき、以下の指標・目標を掲げて活動を推進しています。特に気候変動対策では、2030年度までのGHG削減目標を掲げ、活動しています。

旭化成グループの地球環境対策に関する指標と目標

1.低炭素社会構築

GHG排出量の削減
2050年:カーボンニュートラル(実質排出ゼロ)を目指す。
2030年:GHG排出量の30%以上の削減を目指す(2013年度対比)。
発電のクリーン化
延岡バイオマス混焼発電におけるバイオマス燃料割合をエネルギー基準で60%以上維持する。

2.エネルギー管理目標

管理目標
エネルギー原単位を5年間で年平均1%以上の改善を目標とする。

3.水資源保全活動目標

「水資源の保全」に掲載しているCDP水セキュリティ2021への回答 W8.1aに示しています。

水資源については、新たな目標設定について検討を進めています。

2020年度の活動実績の詳細はこちらに掲載しています。

環境負荷の全体像

当社グループは、さまざまな事業活動を行っており、そのうち工場等における環境負荷は下図の通りです。

  • 水253百万m3 エネルギー3.7×10^16J※水力発電分(省エネ法換算による)を含む 原材料PRTR法対象物質取扱量263万t INPUT→旭化成グループ工場群 OUTPUT→大気排出 SOx 6,300t NOx 3,400t ばいじん 90t PRTR法対象物質290t VOC 1,100t 温室効果ガス287万tCO2 水域排出 排水量220百万m3 COD 890t N 6,500t P 20t PRTR法対象物質60t 土壌 PRTR法対象物質0t 産業廃棄物 排出量378千t 最終処分量1.1千t 製品
    旭化成グループ(国内)の主な環境負荷(2020年度)

環境に関する法規制違反・罰金等

2020年度に環境法規制に関する違反・罰金等は発生していません。