人権 | 社会 | サステナビリティ | 旭化成株式会社

方針

すべての人々の人権の尊重は、旭化成グループの事業活動において最も重要なことの一つです。当社グループは、2021年に「旭化成グループ人権方針」を策定しました(2021年度内公開予定)。本方針を遵守し、「国際人権章典」およびILO (国際労働機関)の「労働における基本的原則および権利に関する宣言」に定められている人権を尊重してまいります。
また、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を支持し、同原則に則った取り組みを実施していきます。
さらに、国連グローバル・コンパクトの署名企業として、グローバル・コンパクトの人権に関する原則、および国連「ビジネスと人権に関する指導原則」「子どもの権利とビジネスの原則」にも賛同し、これらの枠組みをもとに、事業における人権課題の把握と適切な対処に取り組んでいきます。

旭化成グループ行動規範 (10)人権・多様性の尊重

旭化成グループは、個人の基本的人権と多様性を尊重し、誰もがいきいきと活躍できる職場を提供します。

1.基本的人権と多様性の尊重
私たちは、個人の基本的人権と多様性(ダイバーシティ)を尊重し、あらゆる事業活動において、国籍・出自・人種・民族・宗教・性別・思想・年齢・身体的特徴・性的指向・雇用形態・契約形態その他を理由とする差別を行わず、また容認しません。
2.ハラスメントの禁止
私たちは、セクシュアル・ハラスメントなど、精神的、肉体的であるかを問わず、相手を傷つけるような言動を行わず、また容認しません。
3.非人道的な労働行為の禁止
私たちは、基本的人権を尊重する考えに立ち、強制労働・児童労働・奴隷行為など非人道的な行為を容認しません。また、調達先がこれらの行為を行うことも容認しません。

人権デュー・ディリジェンスの実施

当社グループは、人権尊重の責任を果たすため、人権デュー・ディリジェンスの仕組みを構築し、これを継続的に実施すべく、体制を構築してまいります。ここで「人権デュー・ディリジェンス」とは、当社グループが社会に与えうる人権への負の影響を予防的に把握し、回避、緩和するために実施される継続的なプロセスを指すものとします。

調達における人権配慮

当社グループではCSR調達の一環で、お取引先へのCSRアンケートを実施し、人権・労働課題への取り組み状況の把握に努めるとともに、お取引先と共にCSR意識の醸成に取り組んでいます。

人権に関する通報・相談窓口

当社グループのコンプライアンスホットラインでは、人権を含むあらゆるテーマに関する通報・相談を受け付けています。グループ従業員のみならず、お取引先とその従業員の方にも対象としています。

人権に関する教育・啓発

当社グループでは「旭化成グループ人権方針」ならびに「旭化成グループ行動規範」の「人権・多様性の尊重」の項の中で、あらゆる差別およびハラスメントを容認しない方針を明示しています。その具体的な取り組みとして、現在、パワーハラスメントを重点テーマとした勉強会を展開しているほか、社内報への人権・多様性の問題に対する意識啓発記事の掲載、イントラネットを通じた情報提供を行いました。今後は、職場内の人権問題のみならず、企業が社会的に責任を負うべき人権上の問題に対する従業員の理解を深めていくための取り組みも実施していきます。