社外からの評価 | サステナビリティ | 旭化成株式会社

社外からの評価

社会的責任投資への組み入れ状況

旭化成は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、ESGに関する投資を行う際に活用する株価指数である、「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄として前年に引き続き2021年も採用されました。また、GPIFがESG投資の指数として採用しているその他の「MSCIジャパン ESGセレクト・リーダーズ指数」「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」「S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数」にも構成銘柄として採用されています。

  • FTSE4Good Index Series
  • FTSE Blossom Japan Index
  • MSCI ESG Leaders Indexes
  • MSCIジャパン ESGセレクト・リーダーズ指数
  • MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)
  • S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数
  • SOMPOサステナビリティ・インデックス
  • FTSE4Good
  • FTSE Blossom Japan
  • 2021 MSCI ESG Leaders Indexes Constituent
  • 2021 CONSTITUENT MSCIジャパン ESGセレクト・リーダーズ指数
  • 2021 CONSTITUENT MSCI日本株 女性活躍指数(WIN)
  • S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数
  • Sompo sustainability index

日本政策投資銀行「DBJ環境格付」融資で最高ランクの格付けを取得

旭化成は、2020年11月、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)の「DBJ環境格付」融資で「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的と認められる企業」として最高ランクの格付けを取得しました。

DBJ環境格付202

「DX銘柄2021」に選定

旭化成は、DX(デジタルトランスフォーメーション)に関わる一連の取り組みが評価され、経済産業省が東京証券取引所と共同で実施する「DX銘柄2021」に選定されました。

DX銘柄2021

CDP「気候変動」「水セキュリティ」において、A-リスト企業に選定

旭化成は、CDPが実施した2019年度の調査において、「気候変動」および「水セキュリティ」の分野でAマイナス(A-)リスト企業に選定されました。気候変動は2015年度から2020年度までの6年連続、水セキュリティは2年連続のA-評価となります。

「知財功労賞」経済産業大臣表彰

旭化成は、2021年4月、経済産業省特許庁が主催する「知財功労賞」の経済産業大臣表彰を受賞しました。「知財功労賞」は毎年、経済産業省特許庁が、知財制度を有効に活用し、円滑な運営・発展に貢献のあった企業等に対して行っている表彰で、今回当社は、「知的財産権制度活用優良企業」として、特許分野での知財活動が評価されました。

第17回LCA日本フォーラム表彰「奨励賞」受賞

旭化成は、第17回LCA日本フォーラム表彰にて、LCA(ライフサイクルアセスメント)の視点を用いた当社の環境貢献製品の取り組みが評価され「奨励賞」を受賞しました。

川崎製造所 合成ゴム製造部がEcoVadis社のサステナビリティ調査で「ゴールド」評価を取得

旭化成の製造統括本部 川崎製造所 合成ゴム製造部(神奈川県川崎市)は、2020年12月にEcoVadis社(本社:フランス)のサステナビリティ調査において、全評価対象の上位5%に相当する「ゴールド」評価を獲得しました。 当該調査は「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な資材調達」の4分野において、企業のサステナビリティへの取り組みを評価するものです。当社はその中でも「環境」と「労働と人権」に関して特に高い評価を受けました 。

EcoVadis sustainability rating

第4回インフラメンテナンス大賞「優秀賞」受賞

旭化成は、第4回インフラメンテナンス大賞にて、「化学会社各社の設備データ共有化とそれを基にした保温材下腐食の発生予測モデル開発」のテーマにおいて、経済産業省「優秀賞」を受賞しました。インフラメンテナンス大賞は、2016年より国土交通省、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、防衛省が、日本国内におけるインフラのメンテナンスに関わる優れた取り組みや技術開発を表彰するものです。

「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2021」において、旭化成不動産レジデンスが「最優秀賞」、旭化成ホームズが「優秀賞」を受賞

2021年3月18日に発表された一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会主催の「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2021」において、旭化成不動産レジデンスの「上熊本ハイツ 熊本地震による被災マンションの建て替え復興支援事業」が「第7回ジャパン・レジリエンス・アワード 最優秀賞」を、また、旭化成ホームズの「住民の発電電力および社有施設を活用した、レジリエントな地域づくり」が「第7回ジャパン・レジリエンス・アワード 優秀賞」を受賞しました 。

ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2021

「生物多様性びわ湖ネットワーク」が「日本自然保護大賞2021」で大賞を受賞

旭化成、旭化成住工を含む8社で構成する「生物多様性びわ湖ネットワーク」が、公益財団法人 日本自然保護協会が主催する「日本自然保護大賞2021」の教育普及部門で大賞を受賞しました 。

日本自然保護大賞2021 教育普及部門受賞

次世代認定マーク「プラチナくるみん」取得

旭化成、旭化成エレクトロニクス、旭化成ファーマ、旭化成メディカル、旭化成アビリティの5社は、次世代育成支援に積極的な企業のうち特に取り組みが優秀なものとして、2016年に厚生労働省より「プラチナくるみん」を取得しています 。

プラチナくるみん

「第22回物流環境大賞」において、特別賞を受賞

旭化成は、三井化学株式会社、山九株式会社と合同で「特別賞」を受賞しました。3社協働による輸送時のCO2排出量削減や長距離トラックのドライバー不足解消など「ホワイト物流」への取り組みが評価されました。

研究・開発関連の表彰受賞歴をご覧いただけます。