生物多様性保全 | 環境 | サステナビリティ | 旭化成株式会社

生物多様性保全

方針

旭化成グループは、事業活動において生物多様性に配慮し、生物多様性に及ぼす影響を軽減し、生物資源の持続可能な利用に努めることを方針とし、具体的な取り組みを「生物多様性保全に関するガイドライン」に定めています。このガイドラインに基づき、2010年度より事業活動と生物多様性とのかかわりの把握に取り組んでいます。また、生物多様性に配慮した事業活動を行うよう、レスポンシブル・ケア(RC)教育等を通じて社員の意識啓発を図っています。

調達における生物多様性のかかわり調査

当社グループの原材料の新規利用および変更に伴う事業活動と生物多様性のかかわりについて、「事業活動と生物多様性との関わり調査票」を用いて、「原材料の原産国」、「加工・製造業者」、「一次ベンダー(商社等)」の調査を行い、問題がないことを確認しています。

グループにおける生物多様性保全の取り組み

  • 旭化成グループ 「まちもり」アクション

「まちもり」アクションとは

「まちもり」ポットをツールとして、旭化成グループ全体の事業所緑地を対象に、いきものたちの視点で価値の向上を図るとともに、旭化成グループ従業員の生物多様性保全に対する理解と認識を高める取り組みです。

「まちもり」ポットとは

旭化成ホームズ(株)が開発した新しい外構アイテムで、高木・中木・低木・地被植物の高さの違う4層の植物を組み合わせ、都市の住宅地に設置できるコンパクトさを持ちながら、緑の少ない人工的な環境でもいきものたちの利用空間を増やすことができます。さらに「まちもり」アクションでは、全国の事業所において、植物社会学的手法による地域区分を行い、地域植生に配慮した「まちもり」植栽を行っています。

  • 鳥やチョウがやってくる! 高木:高さ2m×1本 開花や紅葉で四季を感じる! 中木:高さ1m×1本 低木:高さ0.5m×2本 草木:8株
  • まちもり地域区分凡例 えぞ・むつ地域 関東地方 沿岸北部 内陸部 沿岸南部 フォッサマグナ地域 内陸部 沿岸部 日本海地域 東北部 南西部 美濃・三河地域 阿哲地域 ソハヤキ地域 瀬戸内東部 瀬戸内西部 紀伊 四国 九州北部 九州南部 ●は事業所の所在地

「まちもり」アクション 第1期(2019~2021年度)の目標

目標Ⅰ 旭化成グループの41事業所のすべてに「まちもり」ポットを設置します
目標Ⅱ この期間の「まちもり」ポイント(MMP)の累計を2,600MMPとします
  • 「まちもり」ポイント(MMP)とは 各事業所での取り組みを4つのステージに区分し、各取り組みに対して「まちもり」ポイントを付与し、旭化成グループ全体で集約します。
  • 2019年度実績値より、2020~2021年度の目標を再設定しました。[新目標]
  • 旧目標 2019年度 400MMP 2020年度 800MMP 2021年度 1,200MMP、新目標 2019年度 1,090MMP 2020年度 1,800MMP 2021年度 2,600MMP、実績 2019年度 1,090MMP
ステージ 取り組み内容(例)
Stage1:設置する
  • 「まちもり」ポットを設置
  • 「まちもり」ポットの説明を掲載
  • 適切に管理する(枯らさない)
Stage2:観察する
  • 幹の太さと樹高を記録
  • 花や果実、紅葉等を記録・撮影
  • 「まちもり」ポットに来た動物を記録・撮影
  • 自然に芽生えた草木を記録・撮影
Stage3:発信する
  • 事業所内外に対して、動植物の観察記録や写真等を積極的に情報発信
    (HP・掲示板、地域とのコミュニケーション、etc.)
Stage4:発展する
  • 他の場所への取り組み拡大
  • 他の事業所内外のイベント等とのコラボレーション

「まちもり」アクション勉強交流会

11月7日(木)~8日(金)富士支社で「まちもり」アクション勉強交流会を、支社・製造所等、規模の大きな地区の担当者を対象に、参加者15名で開催しました。他地区の取り組み、他社・他業界の生物多様性保全の取り組みを広く紹介するとともに、「あさひ・いのちの森」で、自然とのふれあいについて、外部講師を招いて体験しました。

  • 森の中で耳を澄ます

  • 勉強交流会

「まちもり」アクションNEWSの発行

各事業所の担当者宛てに、「まちもり」アクションについてのニュースや、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれる植物たちの旬の見どころなどを紹介しています。「まちもり」アクションを実践する事業所からの投稿写真や、いきものに関するコラムなど、事業所緑地のいきものたちの話題も盛り込んで、各事業所で活用できる内容にしています。

地域産植物の生産者インタビュー

「まちもり」ポットを構成する苗木等はその地域産にこだわっており、この取り組みで苗木等を提供いただいた生産者様にインタビューを行いました。

「野山で採ったタネを、一から育てる。これが面白いんですよ。」

松居農園 株式会社、有限会社 木楽ファーム
植生アドバイザー、園芸福祉士
松居 隆史 氏

私たちは地域の植木屋で、庭や緑地に植える植物を生産・販売しています。林業用のスギやヒノキ、マツ類の他に、地域の野山に見られる雑木も育てています。なかでも、その地域にもともと見られる植生を構成する種類で、かつその地域に生育する個体からタネを採集し、発芽・生育したものを「地域産」として取り扱っています。

地域産の植物に着目するようになったきっかけは、25年ほど前、琵琶湖にある竹生島という島で、カワウの糞害により多くの木々が枯れてしまうという被害が発生しました。島の植生を再生するため、現地でタネを採集して苗木をつくり、もとの場所に植えるというプロジェクトが始まり、興味を持つようになりました。

地域産の植物を扱う難しさは、例えば、自然界では鳥が果実を食べて中のタネを糞と一緒に排出することで発芽する植物があります。このような植物は、人が手でタネをただ取って土にまいてもほとんど発芽しません。そのため、鳥が食べたのと同じように果実を手で揉んで果皮や果肉を取り除き、タネの表面に傷を付ける等の処理工程を経て、ようやく発芽させることができます。種類によってその工程は異なるので、実験的に育成を繰り返し、今では100種類を超えるノウハウを蓄積しています。

地域産の植物は需要が少ないと言われていますが、最近では民間企業による生物多様性保全の取り組みなどで少しずつ採用されてきている実感もあります。社会的な理解がより進むことで、もっと多くの地域産の植物が求められるようになってほしいですね。

  • 地域産植物のタネ

  • 土や肥料など条件を変えての実験的育成

2019年度各地区の主な取り組み

守山地区の取り組み
絶滅のおそれがある淡水魚「ハリヨ」の生息域外保全活動

守山製造所は、地下水をくみ上げ工業用水として利用しています。設備の間接冷却水として利用した地下水は水質監視を行い、排水として周辺の河川に放流しています。守山製造所の放流水は、農業用水としても利用され、地域の農業や水辺の生き物に欠かせない水となっています。
このような背景を踏まえ、生物多様性と事業活動が深く関係している「水」をテーマにした生物多様性保全活動を2010年度から開始しました。
2015年度からは、絶滅のおそれがある淡水魚「ハリヨ」の生息域外保全活動を開始しました。2019年度は協働でハリヨの保全に取り組む滋賀県立琵琶湖博物館の見学会(対象:従業員およびその家族)を開催しました。見学会では、学芸員からハリヨの現状と生息域外保全の重要性、目的と成果について説明を受けました。その後、同館に設置されている保護増殖センターを見学しました。今後も多様な主体と連携し保全活動に取り組みます。

旭化成住工の取り組み
森と水をつなぐ東近江の暮らし再発見プロジェクト

旭化成住工・滋賀工場が立地する東近江市湯屋地区には、かつて溜池や水田、雑木林など多様な里山環境が分布する豊かな水辺生態系と、水利や防災など溜池を中心とした暮らし・文化がありました。この溜池の一部を復元することで地域に生息するいきものを保全し、観察会などで地域住民にその大切さを伝え、工場イベント等を通じて、地域資源としての森林や農作物などを守るためのつながりの場を提供しています。
2019年度は東近江市などと連携し、工場秋祭りを利用して、2017年に水辺生態系に生息するいきものの保全を目的として敷地内に創出した「湯屋のヘーベルビオトープ」でのいきもの観察会を専門家の指導のもとで実施しました。
これらの活動は広報誌などで社内外に積極的に報告しており、2020年6月、(公財)滋賀県環境保全協会が主催する環境保全優良事業所の環境パートナーシップ部門において、滋賀工場は協会長表彰を受賞しました(新型コロナウイルス感染拡大を受け表彰式は2020年11月に延期)。

富士地区の取り組み
「あさひ・いのちの森」育むプロジェクト

「あさひ・いのちの森」は、富士市田子の浦の自然や里地・里山を再生し、地域の生き物たちとその生態系の保全を目指すエコトープとして、旭化成と旭化成ホームズが2007年に旭化成富士支社の敷地内に造成し、生物多様性の研究・調査を推進してきました。「あさひ・いのちの森」自体を育むことはもとより、「森」を中心として地域の緑と一体となったエコロジカルネットワークによって「いきもの」を育み、これらを活用した環境教育、情緒教育で「人」を育み、ここから得られた知見を事業の中で「活かす」取り組みを推進しています。

主な活動

  • 「あさひ・いのちの森」の生長の把握と管理のために、植栽についての定置枠植生調査、毎木調査、全域植生調査や「鳥」や「虫」などの生物相調査を実施しています。また、近隣の公園や住宅地、小学校の生態系調査を併せて行うことで、エコロジカルネットワーク構築のモニタリング調査を行っています。
  • 行政、ミュージアムと連携し環境教育の一環として、こどもエコクラブの交流会等で観察会を実施しています。
  • 初夏には地域の方々に来場いただきホタルまつりを毎年開催し、地域とのコミュニケーションを深めています。
  • 2019年には(公財)都市緑化機構の、社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES)「そだてる緑」部門のStage3を取得しています。
  • SEGES

延岡・日向地区の取り組み

延岡支社では、2007年から、宮崎県が推進する「企業の森づくり」制度を活用し、宮崎県日之影町で20ha、と高千穂町で20ha、五ヶ瀬町で1ha、延岡市北方町で3haの計44ha余りの山林を、スギ・ヒノキなどの人工林から、広葉樹を主体とした自然林に戻す植樹活動を進めてきました。

2020年度は、日之影町様よりフィールド(約5ha)をご提供いただき、第1回目の植樹祭「日之影あさひの森Ⅲ」を4月25日(土)実施に向け準備を進めておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策に伴い植樹祭は中止しました。来年度改めて状況を見ながら植樹祭の開催を検討します。

  • 企業の森づくり 協定調印式