サステナビリティ・ビジョン―旭化成グループが目指す姿 | サステナビリティ | 旭化成株式会社

サステナビリティ・ビジョン―旭化成グループが目指す姿

旭化成グループは、サステナブルな社会の実現に向けた行動を一段と推進していくため「サステナビリティ基本方針」を2021年に制定しました。

サステナビリティ基本方針

旭化成グループは、「世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献」するため、「持続可能な社会への貢献」と「持続的な企業価値向上」の2つのサステナビリティの好循環を追求します。価値ある「持続可能な社会への貢献」が、高い収益性を伴う「持続的な企業価値向上」をもたらし、これが更なる貢献への挑戦を可能にしていく姿です。

当社グループは、その実現に最適なガバナンスを追求するとともに、以下を実践していきます。

持続可能な社会への貢献による価値創出

  • 人と地球の課題解決を、付加価値の高い事業ドメインにより、追求します [Care for People, Care for Earth]
  • 当社グループの特長である多様性と変革力を価値創出に活かします [Connect, Communication, Challenge]

責任ある事業活動

  • 法令を遵守するとともに、企業活動に関する国際規範を尊重します [Compliance]
  • 環境保全、保安防災、労働安全衛生、健康、人権、品質保証に、あらゆる事業活動で配慮します
  • ステークホルダーへの適切な情報開示と対話を行います

従業員の活躍の促進

  • ダイバーシティ&インクルージョンを重視します
  • ひとり一人の成長・活躍・挑戦を促進します

旭化成グループは、グループ理念「世界の人びとの “いのち”と“くらし”に貢献します」を掲げ、社会課題の解決への貢献を重ねて、成長してきました。この「社会課題の解決」への思いは“人類文化の向上”を目指した創業以来、不変のものです。
現在、「持続可能な社会」の実現に向けて、世界のさまざまな場面で議論がなされています。「持続可能な社会」への課題とは、人と地球環境についての課題であることから、当社グループは、グループビジョンに示している「健康で快適な生活」「環境との共生」の追求が、「持続可能な社会」につながるものと考えています。
また、「持続可能な社会への貢献」とあわせて大切なことが、「持続的な企業価値向上」です。「持続可能な社会への貢献」が、事業収益となって当社グループの企業価値向上につながり、企業価値向上が事業開発等を通じて、次の「持続可能な社会への貢献」につながっていきます。

この好循環の実現のために、多様な”C”(Compliance,Communication,Challenge,Connect)による基盤と、2019年度にスタートした3カ年の中期経営計画「Cs+(シーズプラス) for Tomorrow 2021」で表現した「Care for People, Care for Earth(人と地球の未来を想う)」の姿勢のもと、持続可能な社会への貢献による価値創出、責任ある事業活動、従業員の活躍の促進へ取り組んでいきます。
当創業以来の思いを引き継ぎ、社会課題解決の担い手として、積極的に世の中に貢献し続けていくことが、当社グループの使命です。

2050年に向けたサステナビリティの方向性

近年の「気候危機」や「新型コロナウイルス感染症拡大」という大きな環境変化を受け、旭化成が掲げた「Care for People, Care for Earth(人と地球の未来を想う)」の重要性はさらに高まっています。
このような中で、当社は2050年を見据え、次の2つのテーマにチャレンジします。Care for Earthの視点では「カーボンニュートラルでサステナブルな世界の実現」、Care for Peopleの視点では「ニューノーマルでの生き生きとしたくらしの実現」です。

  • Care for People Care for Earth 「ニューノーマル」での生き生きとしたくらしの実現 気候危機、COVID-19を受けた2つのテーマへのチャレンジ カーボン・ニュートラルでサステナブルな世界の実現

2050 年を見据えると、さまざまな社会課題が存在することが予測されます。当社はそれらの解決に貢献していくことができ、事業の機会が広がっていくと考えます。
例えば「Care for Earth」(カーボンニュートラルでサステナブルな世界の実現)では、自動車電動化、水素社会、カーボンリサイクル、サーキュラーエコノミー(循環経済)といった重要テーマに対し、リサイクル技術や CO2分離・回収、アルカリ水電解システムや電池材料など、主に「マテリアル」領域の事業で貢献していくことができます。

  • カーボンニュートラルな世界の実現のためには、自社事業活動に伴うGHG排出量の削減も必須の課題です。「旭化成グループのカーボンニュートラルに向けた方針」についてはこちらをご覧ください。

「Care for People」(ニューノーマルでの生き生きとしたくらしの実現)では、風水害や酷暑に耐える住宅や街づくりの事業、健康で生き生きとしたくらしの実現のためのヘルスケア事業で貢献していくことができます。

  • 2050年に向けた旭化成の機会 Care for People 「ニューノーマル」での生き生きとしたくらしの実現 レジリエントな街/住宅→風水害酷暑 新たなニーズに応える住宅/消費財/衣料→新たなくらし方/働き方 5G,6G 関連 IOT→デジタル化 医薬品 救命救急医療機器 医療関連製品 診断・清潔・抗菌→医療/健康/予防 Care for Earth カーボンニュートラルでサステナブルな世界の実現 リサイクル技術 バイオマス原料 モノ⇒機能→Circular Economy CO2分離・回収 CO2ケミストリー→カーボンリサイクル アルカリ水電解システム→水素社会 革新電池部材 軽量化樹脂→EV

2つのチャレンジで社会への価値提供を目指すとともに、コーポレート・ガバナンス、コンプライアンス、人権の尊重、安全・品質等、当社グループの事業活動を支える基盤的活動を強化し、当社が目指す2つの持続可能性「持続可能な社会への貢献」と「持続的な企業価値の向上」を追求していきます。

「カーボンニュートラルでサステナブルな世界の実現」に向けた取り組み

アルカリ水電解システムによる「グリーン水素」製造技術

自動車燃料やエネルギーの貯蔵・運搬の担い手として注目される水素は、カーボンニュートラルのキーファクターです。当社は食塩電解システムの知見をベースに、2020年に福島県浪江町において世界最大規模となるアルカリ水電解システムを立ち上げ、再生可能エネルギーを活用した効率的な水素の供給運転を開始しました。欧州各国が水素戦略を発表するなど世界的に水素に期待が高まる中、ドイツでも同様の実証実験を行っています。当社の強みを発揮しつつ、フロントランナーとして事業化を目指しています。

  • アルカリ水電解システムで水素社会の到来を加速する Environment&Energy 世界最大級のアルカリ水電解システム「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」 FH2R 画像提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 10MV級アルカリ水電解システム 再生可能エネルギー由来電力 製造・貯蔵 輸送 供給・利活用 系統電力 水素エネルギーシステム 太陽光発電 風力発電→電力 →水素製造 旭化成 実証システム →H2→水素貯蔵 電力系統側制御システム→需給バランス調整→水素エネルギー運用システム 水素需要予測システム→水素需要予測→水素エネルギー運用システム→水素貯蔵→H2→水素輸送→H2→ 発電用途 水素発電(燃料電池)→電力→電力市場等 モビリティ用途 水素ステーション→H2→燃料電池車 燃料電池バス 産業用途 工場 NEDO「水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発/再エネ利用水素システムの事業モデル構築と大規模実証に係る技術開発」 画像提供:NEDO

CO2ケミストリー

CO2を原料に化学品を製造するCO2ケミストリーにも注力しています。
ポリカーボネート製造技術では、EC法が実用化されており世界中にライセンス供与を行っています。これをさらに発展させたDRC法も実証が済んでおり、石化プラントの立地に依存せずに製造が可能となる技術として注目されています。CO2からイソシアネート(ポリウレタン原料)を作る技術も開発中です。また、EC法をベースとして、これからの社会で一段と必要になるLIB用電解液原料への展開を開始しました。一方、CO2の分離・回収については触媒技術を活用し、細孔構造が精密に制御された特殊なゼオライト(鉱物の一種)を用い、発電所や工場の排ガスから効率良くCO2を分離・回収するシステムの開発を進めています。

  • CO2を原料とするプロセスを開発・展開する Life Material Environment&Energy 10MW級大型アルカリ水電解システム CO2(化学プロセス、ボイラー等)→CO2分離・回収 化学原料 再生可能エネルギー/H2O→アルカリ水電解水素製造→グリーンH2→CO2ケミストリー CO2を原料として活用 ・ポリカーボネート製法 >EC法(商業化済) >DRC法(実証済) ・イソシアネート製法(開発中) →ポリカーボネート →イソシアネート →各種化学品 EC:エチレンカーボネート、DRC:ジアルキルカーボネート

「ニューノーマル」での生き生きとしたくらしの実現

安全・快適・レジリエントな住まいとまちづくり

人々の「いのち」や「くらし」を脅かすものとして、地震や火事、気候危機によりリスクの高まる風水害等があります。これらに備えた住まいで安心に暮らせることは、生き生きとしたくらしを送る上で重要な前提です。旭化成ホームズが提供する「ヘーベルハウス」は、地震や巨大化する台風にも耐えうる頑強な躯体や、高温化する気温を遮る高性能の断熱材が特長であり、災害で電力インフラが途絶しても安心なエネルギーの自立供給システムを備えることも可能です。
まちづくりにおいても、レジリエンス向上に貢献していきます。東京・品川区の木造密集地区を火事に強い不燃化地区とすべく、区と共に取り組みを行っています。また災害の発生に備え、「命を守る」「健康を守る」「生活の復旧」という3ステップによるトータルレジリエンスを目指しており、各住宅に地震計を設置し、地震の状況をいち早くデータ化。被害の多いエリアを推定することで、復旧にいち早く取り掛かることを可能とするシステムを防災科学技術研究所と共同で研究中です。

  • レジリエンス向上に新たな技術で挑戦する Home&Living 地震によるヘーベルハウス/ヘーベルメゾンの被害の即時推定→将来は広く世の中のレジリエンス向上への貢献を目指す 「IoT防災情報システム LONGLIFE AEDGiS(ロングライフイージス)」防災科学技術研究所との共同研究 ①一定数のヘーベルハウスに設置した地震計で地震動を計測 ②地震動を基盤面に引き戻し ③基盤面の地震動を計算 ④伝播させた地震動を増幅。個別建物の被害を推定する ヘーベルハウスが目指すトータルレジリエンス 生活復旧までの段階 Stage.1命を守る 生命と財産を守り抜く頑強な建物 Stage.2健康を守る エネルギーを自給自足するための設備 Stage.3生活の復旧 より早い生活復旧への対応力

関連情報

中期経営計画の実行によって、さらなる企業価値の向上を目指します。