2017年シーズン向けスポーツストレッチ素材販売について | 2016年度 | ニュース | 旭化成株式会社

プレスリリース

2017年シーズン向けスポーツストレッチ素材販売について

2017年3月16日
旭化成アドバンス株式会社

旭化成アドバンス株式会社(本社:東京都港区 社長:浅野 泰)では、2017年シーズン向けスポーツストレッチ素材販売を、スイム&アクアフィットネス分野向け基幹素材ブランド「Sunplay」と、運動追随ストレッチ素材ブランド「ELACTION PRO」を中心に進めていきます。

2016年のスポーツ関連市場は、暖冬など天候不順による影響がウェアの需要を左右することもありましたが、前年対比微増とみられ、景気が停滞する中、堅調に推移しています。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えて、各種スポーツ競技人口の増加やこれまで興味のなかったファン層の拡大が予想され、スポーツ用品国内市場は今後も安定して推移していくとみられています。

1.2016年シーズンの総括

2016年遊泳水着市場は、全国平均では前年対比95%でしたが、販売動向としては例年にない動きがありました。

好天に恵まれたゴールデンウィークから7月の海の日まで、全体的には好調な売り上げを示していましたが、最大商戦である7月末から8月頭の天候不順もあり、前年を下回りました。しかし、例年だと売り上げが落ち始めるお盆前から巻き返しが始まり、9月に入ってからは販売増が続きました。お盆前の販売増は今年から新設された「山の日」、9月以降の販売増は円高による海外旅行需要が主な原因と考えられます。

販売ルート別では、販売動向の変化を表した結果となりました。百貨店は展開時期と売り上げのピークの時期がずれたため前年対比80%と厳しい販売状況となりました。専門店は、全体的にはやや苦戦ではありましたが、販売期間が長くなった結果昨年並みをキープしました。GMS(ゼネラルマーチャンダイジングストア)はお盆前から巻き返すも前年対比90%となりました。

トレンドとしては、バンドゥビキニが主流になり、さらに型に変化を施したハイネックブラ、クロスビキニ、オフショルダービキニなどの新しいデザインに加え、上下柄違いのミックスマッチなども好評でした。

競泳水着分野は、リオデジャネイロオリンピックでの日本選手の活躍もありましたが、水着販売としてはロンドンオリンピック時の高速水着のような話題性には欠けました。しかし、オリンピックモデルや各社新モデルなどの水着が堅調に推移しました。

コンプレッション・コンディショニングウェア市場は、ランニングやヨガへの参加人口増加が続いており、また一部アパレルでの在庫整理が進んだこともあり、ロングタイツ等のボトムスで着実な成長を示し、前年実績を上回る結果となりました。機能性を重視したブランドや、周辺アイテムの拡充も活発に行われ、市場の多層化・細分化がさらに進んでいます。

2.2017年シーズンの傾向

遊泳水着分野は、海水浴やリゾートといった面での需要に加え、アウトドアや野外フェス、夏場のライフスタイルでの着用が期待されます。また、昨年に引き続き、アパレル各社の商品政策において、カジュアルスタイルの定着からレイヤードアイテムへの拡充が図られていることも売り場の活性化に繋がるものと期待されます。素材としては、フルダル素材が中心となり無地は、カーキ、ブラック、ネイビーの濃色カラーが主流の傾向にあります。

フィットネス水着分野は、今後も人々の健康志向を受け皿に、シニア層を中心とした参加人口の増加が見込まれ、安定した需要が期待されます。

競泳水着分野は、リオデジャネイロオリンピックでの日本代表選手団の活躍や3年後に迫った2020年東京オリンピックの影響もあり、若年層だけでなくシニア層においても、マスターズ水泳参加者の増加は続いており、市場の拡大基調の定着が期待されます。

一方、コンプレッション・コンディショニングウェア分野は、需要を支えてきたランニング市場で中上級者が増えてきたことや「山ガール」に代表されるアウトドアブームの縮小等、規模の成長にやや陰りが見られ、ブランド間競争は一層激化するものと予想されます。素材機能としては、スポーツウェアに必須の吸汗速乾・UVカット等は標準装備した上で、疲労対策効果のあるサポート素材、発熱や冷感などの+αの機能付与や軽量化が志向されています。そのため、素材・製品設計両面での機能性の訴求がさらに進められています。

  • 透け防止素材

3.2017年シーズンの展開素材について

(1)スイム&アクアフィットネス素材

「Sunplay」は、「COOL MARINE」・爽感・UV・Fitの4シリーズで展開します。機能性の追求に加え、発色性や風合い等、消費者の感性にも響くラインナップを取り揃えています。

①「Sunplay」「COOL MARINE」
“鮮やかな発色と上質の素材感”UV+ファッション素材

深みと華やかさのある美しい色味。UVカットや防透け性の機能。機能とファッションの両方に拘った素材「Sunplay」「COOL MARINE」。51色の豊富なカラーバリエーションを取り揃え、意匠性と使いやすさを追求した素材です。

②「Sunplay」爽乾
“爽やかな着心地でからだを守る”速乾素材

異形断面ポリエステル繊維を使用しています。プールから上がった後の冷え感やベトツキ感を軽減し、素早く乾いて着心地爽やかな快適性を追求した素材です。

③「Sunplay」UV
“紫外線からお肌を守る”UVブロック素材

特殊セラミックを練り込んだポリエステル繊維を使用しています。強い日差しの下でも紫外線をカットする効果と、気になる透け感を防止する効果があります。

④ 「Sunplay」Fit
塩素脆化に強い耐久性をもつ素材

プールの水などに含まれている塩素によって生地が傷むことを防ぎ、脆化促進を和らげる効果のあるスパンデックス(「ロイカ」耐塩素タイプ)を使用しています。

(2)運動追随ストレッチ素材「ELACTION PRO」

運動追随性ストレッチファブリック「ELACTION PRO」は、商品ラインをさらに拡充し、水着分野、コンプレッション・コンディショニングウェア分野で幅広く展開しています。また、従来のスポーツシーンだけでなく、ビジネスシーン・移動シーン・休息時などの日常シーンでの着用も提案していきます。

ストレスフリーな着用感と優れたフィット感と運動追随性をもつ、究極のストレッチ素材

柔らかくかつ高いストレッチ性により抜群の着心地を実現。タテヨコのストレッチバランスに優れており、どんな動きにもつっぱらずに追随するため着用時のストレスを軽減することができます。高い瞬間回復性をあわせ持つことで、疲労しにくく、運動パフォーマンスの低下を抑制する効果も有する、高次元ストレッチ素材です。

  • 「Sunplay」「ELACTION PRO」「COOL MARINE」「ロイカ」は旭化成の商標、または登録商標です。

以上