「テリボン 皮下注用56.5μg」の投与期間上限延長の承認申請について | 2016年度 | ニュース | 旭化成株式会社

プレスリリース

「テリボン 皮下注用56.5μg」の投与期間上限延長の承認申請について

2016年7月22日
旭化成ファーマ株式会社

旭化成ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 一良)は、骨粗鬆症治療剤「テリボン 皮下注用56.5μg」(一般名:テリパラチド酢酸塩、以下「本剤」)について、本日、投与期間の上限を延長する承認事項一部変更承認申請を行いましたのでお知らせします。

本剤は、当社が創製した骨形成促進作用を有するヒト副甲状腺ホルモン(ヒトPTH)製剤で、2011年11月より販売しておりますが、このたび、投与期間の上限を現行の72週間から24ヵ月間に延長する臨床試験を実施し、一部変更承認申請を行いました。

当社は、本剤の投与期間上限延長により、骨粗鬆症の治療にさらに貢献できるものと期待しております。

テリボン 皮下注用56.5μg について

効能・効果
骨折の危険性の高い骨粗鬆症
特徴
本剤は、ヒトPTHのN端側1-34ペプチド断片であるテリパラチドを有効成分とする製剤です。週に1回の皮下注射で骨芽細胞を活性化させて骨形成を促進し、骨の質を改善しながら骨の量を増加させ、その結果、骨の強度が向上することで骨折を抑制します。

以上