環境配慮型ポリウレタン弾性繊維「ロイカ」の開発と世界初の再生スパンデックスの国内販売開始について | 2016年度 | ニュース | 旭化成株式会社

プレスリリース

環境配慮型ポリウレタン弾性繊維「ロイカ」の開発と世界初の再生スパンデックスの国内販売開始について

2016年4月19日
旭化成株式会社

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀 秀毅)は、繊維事業本部の主力製品の一つであるポリウレタン弾性繊維「ロイカ」※1事業において、工場内で発生した不使用糸などを原料とする再生ポリウレタン弾性繊維ならびに油付率を1%~3%に低減したポリウレタン弾性繊維を世界で初めて開発に成功しました。再生ポリウレタン弾性繊維は、本年5月1日より日本で販売を開始しますのでお知らせします。

1.経緯

今般、地球環境保護への関心が高まる中、繊維業界でもリサイクルの重要性はますます高まっています。ポリウレタン弾性繊維(スパンデックス繊維)は、伸縮性が大きく5~8倍伸びる特長があります。これまで溶解温度のコントロールが難しい等リサイクルに適さないとされていましたが、当社の独自技術により世界で初めて再生ポリウレタン弾性繊維を開発しました。旭化成スパンデックスヨーロッパ(ドイツ)にて原料の50%が再生糸になる「ロイカ EF」を生産し、スパンデックス繊維では世界で唯一GRS(Global Recycle Standard)※2の認証を取得し2015年7月より欧州の環境意識の高い有名アパレルメーカーへ販売しています。国内では、守山製造所ロイカ工場で原料の50%以上が再生糸になる「ロイカ EF」の生産を開始し、今春GRS認証を取得し、5月1日より販売を開始することとなりました。

また当社は、生産工程内で油付率を5~6%から1~3%まで低減した環境配慮型糸「ドルラスタン V550」を開発しました。大幅な油付率の減少により、工程内で製錬に必要な水、精練剤、電力量の削減ができ、環境負荷の低減に大きく貢献できます。2006年に独ランクセス・グループより譲受したスパンデックス「ドルラスタン」の新グレードとして、2015年7月より欧州で販売をしています。

2.「ロイカ EF」の国内販売展開について

(1)販売開始
2016年5月1日
(2)GRS認証番号
日本:CU839905、欧州:CU831661
(3)展開商品
インナー、スポーツ、アウターなど幅広く展開予定
  • 「ロイカ EF」

  • ※1「ロイカ」は、伸縮性に優れた弾性繊維です。高いストレッチ性が求められるインナー、レッグウエア、スポーツ衣料、おむつなどに活用され、現状、日本をはじめ、台湾、中国、タイ、ドイツの世界5拠点にて製造・販売しています。
  • ※2GRS(Global Recycle Standard)は、リサイクル製品におけるリサイクル材料の量やトレサビリティを公的に裏付けする認証プログラムです。

以上