「2017年旭化成グループキャンペーンモデル」決定について | 2016年度 | ニュース | 旭化成株式会社

プレスリリース

「2017年旭化成グループキャンペーンモデル」決定について

2017年3月16日
旭化成株式会社

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区 社長:小堀 秀毅)は、このたび、「2017年旭化成グループキャンペーンモデル」として、大伴 理奈(おおとも りな、埼玉県出身、22歳)を起用することを決定しましたので、お知らせします。

当社では、1976年より毎年キャンペーンモデルを起用し、初代アグネス・ラムさん(1976年)をはじめ、松嶋 菜々子さん(1992年第17代)、片瀬 那奈さん(1999年第24代)、久慈 暁子さん(2014年第39代)などを輩出し、大伴 理奈は第42代を務めます。選考では、健康的でしなやかなスタイルの美しさはもとより、その場を魅了する明るい笑顔や前向きな姿勢、そして日本人の父と中国人の母の間で育ち、大学でフランス語を学んだ国際性などが高く評価されました。

今後は、旭化成グループが手掛ける製品・サービスのプロモーション活動や、全国の拠点で開催される社内イベントへの参加、地域貢献活動など、社内外に向けたコミュニケーションの場を通じて、旭化成グループのイメージ向上につながる活動を行ってまいります。

【プロフィール】
大伴 理奈(おおとも りな:Rina Otomo)

生年月日
1994年12月16日(22歳)
出身地
埼玉県
サイズ
T172、B82、W60、H87
特技
ピアノ、スポーツ(走ること)
趣味
カメラ、マンガ
チャームポイント
笑顔
笑顔の源
愛猫のポン太
性格
明るい、人見知りをしない

以上