「立石駅北口地区市街地再開発事業」都市計画決定のお知らせ | 2017年度 | ニュース | 旭化成株式会社

プレスリリース

当社が参画する東京都葛飾区の再開発事業

「立石駅北口地区市街地再開発事業」都市計画決定のお知らせ

2017年6月9日
旭化成不動産レジデンス株式会社
一般財団法人首都圏不燃建築公社

東京都葛飾区における「立石駅北口地区市街地再開発事業」について、2017年6月6日に都市計画決定の告示がされましたのでお知らせいたします。

本事業は、2007年10月に準備組合が設立され、翌年(2008年)12月に旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:池谷 義明)と一般財団法人首都圏不燃建築公社(本社:東京都港区/理事長:田中 裕司)が事業協力者として選定され、準備組合活動を支援してまいりました。

本地区は、京成立石駅の北口に位置する約2.2haの区域で、狭隘な道路が多く老朽建物が密集しているエリアです。建物の不燃・耐震化による防災性を向上させ、商業の集積による更なる駅前のにぎわい、区の広域行政拠点にふさわしいまちづくりを目指し、住民が集えるみどりの広場、交通広場による利便性の向上を予定しております。

また、本地区は「葛飾区総合庁舎整備基本構想」(2014年10月策定)において総合庁舎整備の最優先候補地とされております。今後は権利者・行政の方との連携を深め、再開発組合設立に向けた活動を支援し、街づくりに貢献してまいります。

  • パースイメージ
  • 本パースはイメージであり、今後の検討により変更される可能性があります。

1.これまでの経緯

1997年3月
立石駅北口地区再開発研究会発足
2001月1月
連続立体交差事業の都市計画決定
2007月10月
立石駅北口地区市街地再開発準備組合設立
2008月12月
旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社を事業協力者に選定
2016月5月
都市計画素案作成に向けての経過報告会開催
連続立体交差事業の工事着手
2016月11月
都市計画手続き開始に向けた再開発説明会を開催
2017月6月
都市計画決定
  • 都市高速鉄道京成電鉄押上線(四ツ木駅~青砥駅間)連続立体交差事業

2.現地の状況

  • 現地の状況

3.今後のスケジュール

2018年度
再開発組合設立認可(予定)
2019年度
本体着工(予定)
2022年度
本体工事竣工(予定)

4.計画概要

  • 計画概要

5.地区整備の方針(2016年11月時点の計画)

  • 地区整備の方針
  • 「葛飾区総合庁舎整備基本構想」(2014年10月策定)においては、当地区を総合庁舎整備の最優先候補地としています。
  • 本資料に掲載のパース、図面、計画諸元、スケジュール等については現段階の内容であり、今後の検討により変更される可能性があります。

6.現地位置図

位置
東京都葛飾区立石四丁目及び立石七丁目各地内
区域面積
約2.2ha
  • 現地位置図

【ご参考】旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社 共同による最近の事業

  • 糀谷駅前地区第一種市街地再開発事業(東京都大田区)
    2016年12月竣工/商業・公共施設・住宅(総戸数335戸)
  • 中延二丁目旧同潤会地区防災街区整備事業(東京都品川区)
    2019年3月竣工予定/住宅(総戸数195戸)
  • お問い合わせ先

以上