走るコンセプトカー「AKXY(アクシー)」リニューアルモデルを「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展 | 2018年度 | ニュース | 旭化成株式会社

プレスリリース

走るコンセプトカー「AKXY(アクシー)」リニューアルモデルを「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展

2018年5月23日
旭化成株式会社

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀 秀毅、以下「当社」)は、昨年5月に発表いたしましたコンセプトカー「AKXY(アクシー)」※1をリニューアルし、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」(2018年5月23日~25日)に出展しますのでお知らせします。

  • コンセプトカー「AKXY」外観

さらに充実した、新しい「AKXY(アクシー)」は本展示会を皮切りに、今後、各種展示会やプロモーションで活用していきます。なお、本展示会では「AKXY(アクシー)」の展示に加え走行映像をご紹介する予定です。

1.背景

当社は昨年5月に自動車関連事業の総合的なマーケティングアプローチを行う一環として、「自動車の安全・快適・環境への貢献」をテーマとし、当社グループの自動車関連部材を搭載したコンセプトカー「AKXY」を開発しました。当社グループが扱う主力製品や次世代部材・システムを27品目搭載し、「人とくるまのテクノロジー展2017」や「INCHEM TOKYO 2017」、「オートモーティブワールド2017」などの多くの展示会を通じて、自動車メーカーや自動車部品メーカーのお客さまに対し自動車の安全性、快適性の向上、環境への貢献に応じた多様なキーアイテムを総合的に提案してきました。

今回は、当社技術の「進化」をテーマに車体のさらなる軽量化・低燃費化や安全・快適性のいっそうの向上を実現する構造材料やセンシング・サウンド技術など8製品を新たに追加搭載し、これまでと異なり、ボンネット内を見える機構に改良することで、より多くのニーズに対してご提案ができるようリニューアルしました。

2.搭載製品

部材 適用部位 訴求
連続繊維 クラッシュボックス※2 従来のアルミ構造部材を樹脂で置き換え、軽量化に貢献します。
高機能複合不織布「プレシゼ」 モーター・インバーターカバー※2 吸音効果を持つ不織布。モーター/インバータが発する騒音を低減します。
CNF(セルロースナノファイバー) フェンダー(左後輪側) 鋼板(鉄、アルミ)を代替し、軽量化を実現します。
ポリアミド樹脂「レオナ」 モーターマウント※2 従来の金属/ゴム材を樹脂で実現し、軽量化に貢献します。
ポリアミド樹脂「レオナ」 ラジエーターホース※2 薄肉で軽量の樹脂パイプを実現。従来の金属ホースを代替します。
薄型高性能ノイズ抑制シート「パルシャット」 ECU(電子制御ユニット)ボックス 電磁波シールド効果を持った不織布。各種電子機器が発する電磁波ノイズを低減します。
アクリル樹脂シート「デラグラス」 アームレスト アクリル樹脂の表面に焦点を結ばせる技術。樹脂表面に直接、画像を表示することができます。
DSP/ソフトウエア「Engine Sound Creator」 車載システム アクセル動作に遅れることなくリアルタイムで実際のエンジン音に非常に近い音を再生します。

当社は今後も、顧客満足の向上と新たな価値の創造を通じて、自動車関連事業を積極的に拡大していきます。

  • ※1「AKXY(アクシー)」:
    GLM株式会社と共同で開発した、当社グループの多分野にわたる自動車関連部材を搭載した実走可能なコンセプトカーです。名称の由来は、Asahi Kasei ×(かける)You(お客さま)=「AKXY」より命名し、「私たち旭化成とお客さまが掛け合うことで、新しい価値や未来を生み出すための車」という思いを込めています。
  • ※2ボンネット内で展示されている製品です。

以上