国際自動車連盟(FIA)World Rally Championship(WRC)とのオフィシャルパートナーシップの締結ついて | 2018年度 | ニュース | 旭化成株式会社

プレスリリース

国際自動車連盟(FIA)World Rally Championship(WRC)とのオフィシャルパートナーシップの締結ついて

2018年7月24日
旭化成株式会社

  • 国際自動車連盟(FIA)World Rally Championship(WRC)とのオフィシャルパートナーシップの締結ついて

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀 秀毅、以下「当社」)は、このたび国際自動車連盟(本部:フランス・パリ市、以下「FIA」)が主催する公道を舞台とした世界最高峰のモータースポーツ、世界ラリー選手権(World Rally Championship、以下「WRC」)とオフィシャルパートナーシップを締結しましたので、お知らせします。

1.WRCとのオフィシャルパートナーシップの背景

FIAが管轄するラリーカーによる最高峰の世界選手権レースであるWRCは、Formula One World Championship(F1)と並び、“World Championship”の称号が使用できる選手権の一つです。世界13ラリー、15ヵ国を巡り、市販車をベースに改造したラリーカーで、公道を、あらゆる天候、気温、路面コンディションのもと、最も速く完走するチームを決めるスポーツイベントです。

昨年は世界155の地域で延べ13,000時間以上にわたってレース映像がテレビ放映され、SNS配信やライブ動画なども合わせると、約8億5,000万人が視聴しています。特に欧州では年間10ヵ国で競技が行われ、F1に勝るとも劣らない人気を誇っています。

当社は、金属材料の代替として自動車の軽量化を実現するエンジニアリング樹脂や、快適性に優れるカーシート用人工皮革、カーオーディオや音声処理技術を利用した車内コミュニケーションシステムなど、自動車に関連する事業をグローバルに展開しています。

歴史的に欧州での人気が高く、開催地域に密着したモータースポーツであるWRCとのパートナーシップの締結を通じて、欧州各国における当社の認知度向上を図るとともに、最も過酷な環境で速さを競うことで自動車性能の向上に常に挑戦し続ける自動車産業への貢献を目指していきます。

2.2018年のオフィシャルパートナーシップの概要

2018年8月16~19日に開催されるドイツラウンド、10月4~7日に開催されるイギリスラウンド、10月25~29日に開催されるスペインラウンドにおいて、WRCオフィシャルパートナーとして協賛します。今回の協賛では、WRCに参戦するラリーカーのフロントウィンドウや、開催都市の市内および近郊のラリーコースに当社のグループロゴが掲出されます。

以上