百日咳菌抗原キット「リボテスト® 百日咳」の販売開始について | 2021年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • プレスリリース

百日咳菌抗原キット「リボテスト® 百日咳」の販売開始について

2021年5月31日
旭化成ファーマ株式会社

旭化成ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:青木 喜和、以下「当社」)は、体外診断用医薬品「リボテスト®」シリーズの新製品として、 百日咳菌抗原キット「リボテスト® 百日咳」の販売を本年6月16日より開始しますので、お知らせします。

「リボテスト® 百日咳」は、百日咳菌感染の診断補助を目的とし、旭化成株式会社が開発した抗体技術(L7/L12)を用いて、当社が製品化した迅速診断キットです。百日咳1)は主に百日咳菌に起因する感染症であり、百日咳菌の感染力は非常に強いことが知られています。特にワクチン接種前の乳幼児で重篤化しやすく、ワクチン効果が減弱した小児、成人の感染が乳幼児への感染源となることが報告されています。そのため、早期診断と適切な初期治療が重要ですが、従来の検査方法は専用の機器・設備が必要なうえ時間もかかることから、初診時で迅速に結果が得られる検査の開発が望まれていました。
当社は、本製品が百日咳菌感染の迅速診断に大きく貢献できるものと期待しています。
なお、本製品は、アークレイマーケティング株式会社、極東製薬工業株式会社を通じて販売します。

販売名
リボテスト® 百日咳
測定方法
イムノクロマト法2)
測定目的
鼻咽頭拭い液中の百日咳菌抗原の検出(百日咳菌感染の診断の補助)
判定時間
15分
保険点数
百日咳菌抗原定性 217点(2021年5月1日保険適用)
製造販売承認日
2020年5月29日(承認番号:30200EZX00031000)
製造販売元
旭化成ファーマ株式会社
販売元
アークレイマーケティング株式会社、極東製薬工業株式会社

  • 1)百日咳
    主に百日咳菌に起因する感染症です。症状としては遷延(せんえん)性の咳嗽(がいそう:咳)があり、発作性の咳嗽、吸気性笛声(きゅうきせいてきせい:息を吸うときに笛の音のようなヒューという音が出る症状)、咳嗽後の嘔吐といった百日咳特有の症状が認められる場合もあります。2018年1月1日より感染症法の五類感染症(全数把握疾患)となり、百日咳と診断した医師は7日以内の届出が義務付けられ、原則全例で検査結果の報告が求められています。
  • 2)イムノクロマト法
    抗原抗体反応を利用した免疫測定法です。特別な測定機器を用いなくても目視で判定できる簡便な方法で、発色ラインの出現の有無によって陽性・陰性を判定します。

  • 「リボテスト® 百日咳」製品写真
    「リボテスト® 百日咳」製品写真

以上