2022年3月期第2四半期(累計)連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ | 2021年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • IR

2022年3月期第2四半期(累計)連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ

2021年8月6日
旭化成株式会社

当社は、直近の業績動向を踏まえ、2021年5月13日に公表しました2022年3月期の第2四半期(累計)連結業績予想および配当予想を下記のとおり修正しましたので、お知らせいたします。

1. 2022年3月期第2四半期(累計)連結業績予想修正の内容(2021年4月1日~2021年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する四半期純利益 1株当たり四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
1,149,000
百万円
88,500
百万円
91,500
百万円
87,000
円 銭
62.70
今回発表予想(B) 1,198,000 106,000 110,000 72,000 51.89
増減額(B-A) 49,000 17,500 18,500 △15,000
増減率(%) 4.3 19.8 20.2 △17.2
(ご参考)前期実績
(2021年3月期第2四半期)
989,387 76,769 77,474 46,781 33.72

2. 業績予想修正の理由

各領域において事業が好調に推移したため、売上高、営業利益、経常利益につきましては、前回発表予想を上回る見込みですが、親会社株主に帰属する四半期純利益につきましては、ヘルスケア領域のVeloxis社再編に伴う税金費用軽減の約240億円の計上時期を上期から下期に見直したことにより、前回発表予想を下回る見込みです。
なお、通期の連結業績予想につきましては、見直しは行っておりません。

3. 配当予想の修正

  1株当たりの配当金(円)
  第2四半期末 期末 年間
前回予想(2021年5月13日) 未定 未定 34円
今回予想 17円 17円 34円
前期実績(2021年3月期) 17円 17円 34円

4. 配当予想修正の理由

当社は、成長投資と株主還元をバランス良く行うよう、適切な内部留保を保ちながら、安定配当と継続的な収益拡大による増配を目指すことを基本方針としています。
2022年3月期の1株当たりの中間配当予想および期末配当予想につきましては、2021年8月6日開催の取締役会において、上記の方針を勘案いたしまして各々17円とさせていただきました。
なお、当社は取締役会決議により中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

  • 本資料には、本資料の発表日現在の将来に関する前提や見通し、計画に基づく予想が含まれています。当該予想と実際の業績の間には、今後の様々な要因によって大きく差異が発生する可能性があります。

以上