「旭化成グループキャンペーンモデル」の起用終了について | 2021年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • プレスリリース

「旭化成グループキャンペーンモデル」の起用終了について

2021年9月3日
旭化成株式会社

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀 秀毅)は、このたび、「旭化成グループキャンペーンモデル」の起用について、2021年度(2022年3月31日)をもって終了することを決定しましたので、お知らせします。

当社は、1976年より毎年キャンペーンモデルを選出し、繊維素材の水着発表会をはじめ、社会貢献活動・社内イベントへの参加など、46年の長きにわたり活動を展開してきました。一方、当社は社会・環境の変化に対応しながら事業を積極的に多角化するとともに、事業ポートフォリオの転換を図り成長してきました。これらの状況を踏まえ、コミュニケーション活動についても再検討をした結果、「旭化成グループキャンペーンモデル」の活動は2021年度をもって終えることとしました。

当社グループは「世界の人びとの“いのち” と“くらし” に貢献」することを理念として掲げ、「持続可能な社会への貢献」と「持続的な企業価値向上」を目指し、事業を展開しています。今後も、多様な事業や活動を通じたコミュニケーションやPR活動を積極的に展開していきます。

以上