旭化成、廃プラ由来ブタジエンによるS-SBRを生産へ | 2021年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • プレスリリース
  • サステナビリティ

旭化成、廃プラ由来ブタジエンによるS-SBRを生産へ

Shell社とサステナブルブタジエン購入に関する売買契約を締結

2021年11月24日
旭化成株式会社

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀 秀毅、以下「当社」)は、本年11月23日に、Shell Eastern Petroleum (Pte) Ltd.(本社:シンガポール、以下「Shell社」)と、廃プラスチックおよびバイオマス由来のブタジエン(以下「サステナブルブタジエン」)の購入に関する売買契約を締結したことをお知らせします。契約調印式は、同日シンガポール・ブコム島にて“Journey from Vision to Reality”と題し開催されたサーキュラーエコノミーに関するイベント「Creating the Plastic Circular Economy in Singapore」にて執り行われました。
当社は、2022年3月末までにシンガポールにある当社の合成ゴムプラントにサステナブルブタジエンを投入し、同時に、これらを原材料としたサステナブルS-SBR(溶液重合法スチレンブタジエンゴム)の生産およびマーケティングを開始する予定です。

1. 背景

S-SBRは、主に省燃費型高性能タイヤ(以下「エコタイヤ」)に用いられる合成ゴムです。近年、環境規制の強化や環境意識の高まりを背景に、世界的にエコタイヤの需要が拡大しており、S-SBRは、タイヤの安全性能を確保しつつ省燃費性能を同時に向上させるエコタイヤに最適な材料として認められています。
また昨今、2050年のカーボンニュートラル実現に向け、自動車業界ではEV(電気自動車)化、タイヤ業界ではタイヤのさらなる省燃費・耐摩耗性能向上などといった脱炭素社会を目指す取り組みが加速しています。そのため、エコタイヤの材料であるS-SBRに対しても、さらなるサステナブル対応のニーズが高まっています。

2. 当社およびShell社の取り組み

当社は、このような状況の中、自動車の航続距離増加やEV化による車両重量増への対応といったニーズに応え、特に省燃費性能や耐摩耗性能の向上を重視したさらなる高性能品の開発を進めています。また、製品性能の向上に留まらず、サプライチェーン全体でのCO2削減を目指しサステナブルな原材料への転換も検討しています。
一方、Shell社は、2050年までにネットゼロのエネルギー事業体を目指し、化学品生産時のCO2排出量削減とサーキュラーエコノミーの実現に取り組んでいます。今回、Shell社はマスバランス管理されたサステナブルブタジエンを2つの製法で生産します。1つは廃プラスチックを熱分解油に変換し、同社のナフサクラッカーにフィードする製法、もう1つはバイオ原材料を同ナフサクラッカーにフィードする製法です。

3. 本取り組みの効果

廃プラスチック由来のブタジエンを使用するS-SBRの生産は世界初であり、また、バイオマス由来のブタジエンを使用するS-SBRの生産は日本企業初の試みです(当社調べ)。
原材料、生産、使用(運転)、廃棄・リサイクルというタイヤのライフサイクルにおいて、各段階のCO2排出割合はガソリン車の場合、燃費にタイヤが大きく影響するため、使用(運転)段階のCO2排出割合が最も大きくなります。一方、今後EV化の進展により使用時のCO2排出は大幅に低減していくため、相対的にS-SBRなどタイヤの原材料由来のCO2排出割合が増加していきます。このサステナブルS-SBRを用いた場合、タイヤのライフサイクルにおけるCO2排出量は、従来のS-SBRを用いたタイヤに比べて大幅に削減されることが期待されるため、CO2排出削減効果の大きいサステナブルブタジエンを用いたS-SBR生産を通じて、サプライチェーン全体のCO2削減に貢献してまいります。

4. 今後の取り組み

当社は、バイオマス由来原材料およびリサイクル原材料に関する国際的な認証の取得を目指し準備を進めていきます。また、社会のカーボンニュートラルに向け、当社はS-SBRの製品性能向上と製品ライフサイクル視点からのCO2削減の両面から引き続き貢献を果たし、お客様にとってのグローバルリーディングサステナブルパートナーを目指してまいります。

  • 化学品の生産過程でサステナブル原材料と石油由来原材料が混ざった場合に、サステナブル原材料の割合を国際的に適用されている手法で、任意の特定製品に割り当てる考え方を指します。
  • マスバランス方式説明図
    マスバランス方式説明図

以上