車載アクティブロードノイズキャンセル技術に関してイスラエルSilentium社と契約締結 | 2022年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • プレスリリース

車載アクティブロードノイズキャンセル技術に関してイスラエルSilentium社と契約締結

モビリティをより快適にするデジタルソリューションの提供

2022年5月31日
旭化成エレクトロニクス株式会社

旭化成エレクトロニクス株式会社 (本社:東京都千代田区、社長:篠宮 秀行、以下「当社」) は、このたび、Silentium Ltd. (本社:イスラエル、CEO:Yoel Naor、以下「Silentium」(サイレンチウム)) と、Silentiumが保有するアクティブロードノイズキャンセル (以下「ARNC」) に関するソフトウェア技術について全世界での通常実施権を取得するライセンス契約を締結しましたのでお知らせします。

ARNCとは、自動車の車室内において、車体の振動音を発生源とするノイズと逆位相の音を発生させて消音する技術で、契約の条件に基づき、当社は主要製品であるオーディオ&ボイス用途デジタルシグナルプロセッサー(以下「DSP」)にSilentiumのARNC向けQB™テクノロジーを搭載し、全世界で販売する権利を保有します。ARNC機能が搭載された当社DSP製品のサンプル提供開始は、2022年第4四半期(10~12月)を予定しています。

旭化成グループは、本年4月に発表した『中期経営計画 2024 ~Be a Trailblazer~』において、「Mobility」をグループの価値提供分野の一つと位置付け、2030 年に向けて「安全・快適・エコなモビリティ」の実現を取り組むべき課題としています。EV化・自動運転の普及によって、車室内の過ごし方は多様になり、今後はよりプライベートな空間として快適性が求められます。「音マネジメント」の観点では、車室内でのコミュニケーションやエンターテインメントをより楽しめるよう、さらなる静粛性の実現が望まれます。ARNCは特に低周波の環境ノイズ音に対し効果があり、高速走行時などの快適性に貢献します。

当社は、自動車分野において20年以上にわたり培ってきたハンズフリー通話向けボイス・ノイズ処理や、車室内コミュニケーション技術の蓄積に加え、オーディオエフェクトなどの先進のDSPソリューションを開発しており、当社のDSPソリューションは年間2,000万個以上出荷されています。低遅延の特徴を持つ当社のハードウェアと、Silentiumのソフトウェア技術の組み合わせにより、当社は今後のモビリティのさらなる快適性にオーディオ&ボイスの分野で貢献していきます。

  • ARNCの評価キット
    ARNCの評価キット

参考

Silentium Ltd.について
Silentiumはイスラエルに本社を置き、グローバルに研究開発、販売の拠点をもつ企業です。独自のアクティブノイズコントロール技術の提供を通して自動車だけではなく住宅や産業分野における静音化に貢献しています。

以上