内閣府の取り組み「夏のリコチャレ2022」に賛同し、高校生向けのイベントを開催 | 2022年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • サステナビリティ

内閣府の取り組み「夏のリコチャレ2022」に賛同し、高校生向けのイベントを開催

2022年8月5日
旭化成株式会社

当社は、内閣府が中心となって推進している理工系人材育成のための「理工チャレンジ(リコチャレ)」に、日本経団連の一員として賛同し、2015年より始まった「夏のリコチャレ」にも協力して、これまでイベントを実施してまいりました。2022年も、理工系に興味のある高校生を対象に、将来の自分の姿をイメージしてもらい、理工系の進路を選択(チャレンジ)できるよう支援することを目的に『理系の職場見学会 知ろう見よう!』と題して、8月2日(火)、オンライン形式にて、イベントを開催しました。

本イベントには、東は北海道から西は島根県まで、さまざまな地域・場所から18名の高校生が参加しました。
参加者の皆さんは、旭化成グループの紹介、静岡県富士市に所在する基盤技術研究所の研究員より「科学・分析」の仕事内容を紹介する講義を受け、また研究所の中を装置の説明をしながら案内する「研究所見学ツアー」の動画を視聴することを通じて、研究者・技術者の働く現場への理解を深めました。そして最後は、2グループに分かれ当社研究員との交流会に臨み、日頃の悩みや疑問をぶつけました。

この「理工チャレンジ」への協力を通じて、当社は、理工系に進学し就職する学生を支援し、企業における理系の従業員のいっそうの活躍を推進していきたいと考えています。

以上