研究開発戦略 | 研究・開発 | 旭化成株式会社
  • お知らせ

知財戦略における表彰「2023 Asia IP Elite」を受賞

2023年12月28日
旭化成株式会社

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:工藤 幸四郎、以下「当社」)は、知的財産関連サービスを手がける英国のメディアIntellectual Asset Management(IAM)より、アジア太平洋地域において知財戦略に優れた企業を表彰する「2023 Asia IP Elite」を、11月29日(水)に開催された国際会議「IPBC Asia 2023」にて受賞したことをお知らせします。

受賞名
2023 Asia IP Elite
受賞者
旭化成株式会社 知的財産部
受賞理由
2022年に開催した「知財戦略説明会」において発表した以下の事例を中心に、事業における目標達成に知的財産を活用していることが高く評価されました。

  • 社内外の無形資産を最大限に活用し、戦略構築や新事業創出への貢献を目指す専門組織「知財インテリジェンス室」を新設
  • 旭化成ファーマにて開発を手掛けた医薬品の独占的ライセンス付与による共創の加速
  • 自動車関連事業において、当社と顧客の技術の関連性をIPランドスケープにより可視化し、ビジネスコミュニケーションを活性化

当社は、2022年度よりスタートした『中期経営計画2024~Be a Trailblazer~』において「無形資産の最大活用」を掲げており、その中でも知的財産を重要な要素の一つに位置づけています。今後もグループ全体での無形資産の活用をさらに加速し、知的財産部門と事業部門が一体となって経営・事業戦略を推進していくことで、企業価値の向上を目指していきます。

以上