旭化成と農研機構がスマートフードチェーン構築のための共同研究 | 2021年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • プレスリリース
  • サステナビリティ

旭化成と農研機構がスマートフードチェーン構築のための共同研究

~高断熱・密閉ボックスを活用した青果の新しい輸送方法を開始~

2022年3月15日
旭化成株式会社
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀 秀毅、以下「旭化成」)と、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(本部:茨城県つくば市、理事長:久間和生 以下「農研機構」)は、スマートフードチェーン※1構築を目指し、2019年1月から共同研究(以下「本研究」)に取り組んできました。2022年4月、旭化成は本研究成果の社会実装として、大手物流業者と連携し、青果輸送に取り組みます。これまで把握することが困難であった青果物の輸送・保管条件を可視化し、データに基づき流通を最適化することで青果物の鮮度保持による「フードロスの削減」と輸送・保管の最適化による物流チェーンの構築による「環境負荷の軽減」に貢献します。

1. 本研究について

青果物は、収穫後も自らの栄養成分を消耗しながら生命を維持しています。特に、ブロッコリー、アスパラガスなどの呼吸量の多い野菜類では、低温管理により呼吸を抑制し、植物体内のエネルギーの消耗を少なくすることで品質の低下を防ぐことができます。また、湿度管理により青果物のみずみずしさを保ち、結露による細菌やカビの増殖を防ぐことができ、さらにガス組成を管理することで、熟度のコントロールや、劣化・腐敗を遅らせることも可能です。このように、収穫後に鮮度高く保つための輸送・保管には、適切な環境(温度・湿度・ガス組成・菌数)の管理が必要になります。
本研究では、農研機構の持つ植物生理学の知見による青果物の劣化機構の解明や、それに基づく実証実験によりさまざまな青果物の品質保持条件(温度・湿度・ガス組成・菌数など)を明らかにしました。最適な輸送・保管環境の指標をつくり、消費までの劣化を減らすことでフードロスの削減に貢献することを目指しています。

2. 目指すビジョン

青果物の輸送は、冷蔵トラックが主流ですが、輸送時のCO2排出や長距離トラックのドライバー不足は社会課題となっています。この輸送を鉄道や船舶の利用へと転換する「モーダルシフト」が解決策の一つとされていますが、多くの鉄道や船舶には冷蔵システムが無く、常温輸送となるため、青果物の輸送には向きませんでした。しかし、旭化成の「Fresh Logi™密閉ボックス」※2を活用することで、輸送・保管環境(温度・湿度・ガス組成など)の適切な管理を実現でき、冷蔵システムが無い輸送手段を青果物の輸送に活用できるようになります。さらに、密閉ボックス内の輸送・保管環境をセンシングし、農研機構のデータ解析技術と当社のインフォマティクス技術を用いることで青果物の鮮度を推定・予測する「Fresh Logi™システム」を構築しました。このシステムはクラウドにも対応しており、インターネットを介して輸送時の青果物の状況を「いつでもどこでも」把握することができます。

旭化成は、本取り組みを通じてフードサプライチェーンにおける輸送・保管環境の向上、見える化、およびトレーサビリティの向上による食の「安心・安全」や「鮮度保持」を追求するとともに、スマート化によるフードロスの削減、環境負荷低減に貢献してまいります。また、今後も外部との積極的なコネクトを通じ、持続可能な社会の実現に向けた新たな価値の創造・提供に努めてまいります。

用語解説

  • ※1スマートフードチェーン
    生産から消費に至るまでの情報を連携し、生産の高度化や販売における付加価値向上、流通最適化等による農業者の所得向上を可能とするデータ連携基盤(システム)
  • ※2Fresh Logi™密閉ボックス
    旭化成建材株式会社の高機能断熱材「ネオマフォーム™」を用い、冷媒や冷蔵システムがなくても青果物の低温保持を可能にする運搬用ボックスです。少量に分けて収納・運搬が可能なため、従来の冷蔵車の運送時の課題であった「品目毎に最適な温度で輸送ができない」「ドア開閉時に青果物が急激な温度変化を受けて鮮度が落ちてしまう」問題を解決します。またボックスに内蔵されたセンサーで輸送環境を可視化することで、青果物の品質の信頼性の向上を実現します。

  • 「Fresh Logi™ 密閉ボックス」
    「Fresh Logi™ 密閉ボックス」

関連プレスリリース

以上