デジタル共創ラボ「CoCo-CAFE NOBEOKA」がオープン | 2022年度 | ニュース | 旭化成株式会社
  • お知らせ

デジタル共創ラボ「CoCo-CAFE NOBEOKA」がオープン

ローカル5G環境と共創空間の提供により、九州のDX推進を加速

2022年5月17日
旭化成ネットワークス株式会社

旭化成ネットワークス株式会社(本社:宮崎県延岡市、社長:小金澤 晃、以下「当社」)は、九州地場企業、自治体、研究機関等とアイデア・技術・ビジネスを創造するデジタル共創ラボ「CoCo-CAFE NOBEOKA(ココカフェ ノベオカ)」(所在地:宮崎県延岡市幸町3丁目101番地、以下「本施設」)を本年5月25日にオープンすることをお知らせします。
当社は、本施設のオープンを機に、地域の産官学の共創空間としてデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)を利用者の皆様と共に推進し、地域貢献を目指します。

  • 「CoCo-CAFE NOBEOKA」内観
    「CoCo-CAFE NOBEOKA」内観

本施設は、延岡市が進めるJR延岡駅前再開発の一環として新たに建設された、「延岡駅西口街区ビル」内に、「ローカル5G」無線環境を備えた、東九州ではユニークな施設として開業します。
ローカル5Gについては、当社は昨年8月にミリ波帯(ノンスタンドアローン方式)での無線免許を取得し、当社データセンター敷地内で各種実証実験を実施しています。これに加え、今回Sub-6帯(スタンドアローン方式)で本年2月16日付にて当社データセンター敷地と本施設を対象に免許を取得、設備稼働を開始しています。
本施設は「新しい世界とのコネクトを、延岡で」をテーマとし、5G無線を含めた最新のIT技術を生かしたサービスの検証のためのラボ(実験)機能を旭化成グループに限らず、他企業や自治体、研究機関などに提供していきます。

また、今後は社内外の有識者を招いたセミナーや勉強会の開催や、離れた拠点とのディスカッションを促進するインタラクティブホワイトボードなどのコミュニケーションツールを導入し、共創の取り組みを加速します。加えて、来訪いただいたお客様のニーズや課題を伺い、共創相手とつなぐ架け橋役となるコーディネーターも配置します。複数のグループでのブレインストーミングやディスカッションのアレンジを行い、共創のきっかけづくりに取り組んでいきます。

なお、本施設は旭化成株式会社が運営するデジタル共創ラボ「CoCo-CAFE」(所在地:東京都港区芝浦三丁目1番1号)の姉妹オフィスとなり、二拠点の連携を進めていきます。様々な施策を通じ、「CoCo-CAFE NOBEOKA」の「CoCo」の由来である、利用者間の 「Collaboration」、そして 「Connection」を目指してまいります。 

  • 「CoCo-CAFE NOBEOKA」の「CoCo-CAFE」は「Collaboration & Connection」「Creative, Agile, Flexible, and Evolving」を意味し、本施設のコンセプトを表現しています。

関連プレスリリース

以上