第74回びわ湖毎日マラソン大会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第74回びわ湖毎日マラソン大会

2019年3月10日/滋賀県

第74回びわ湖毎日マラソン大会が3月10日(日)、大津市・皇子山陸上競技場を発着点とするコースで開催されました。

旭化成からは佐々木悟、本田匠、市田宏の3人が出場しました。

天候は小雨、気温11度、湿度75%と若干肌寒さを感じるコンディションの中、12時30分にスタートしました。

レースは、ぺースメーカーが1km3分2秒前後の落ち着いたペースで先導し、3人とも集団の中ほどでレースを進めていきました。

しかし、レース中盤の22~23kmで残念ながら佐々木と本田が早々の離脱。

また、25kmを過ぎたところで市田宏も離れだし、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場資格を狙っていた旭化成勢としては苦しい展開となってしまいました。

結果は、上位6位までが外国人選手が占め、日本人トップはすでにMGC出場権を獲得している山本憲二選手(マツダ)が2時間08分42秒。

本田が2時間16分05秒の31位、佐々木が2時間16分47秒の33位、市田宏は2時間19分05秒の49位と非常に厳しい結果となりました。

試合結果

フルマラソン

31位 本田 匠 2時間16分05秒
33位 佐々木 悟 2時間16分47秒
49位 市田 宏 2時間19分05秒

試合結果

スポーツ・イベント活動