第28回金栗記念選抜陸上中長距離大会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第28回金栗記念選抜陸上中長距離大会

2019年4月14日/熊本県

第28回金栗記念選抜陸上中長距離大会が4月14日(日)、熊本市・えがお健康スタジアムで開催されました。

旭化成からは市田孝、市田宏、有村優樹、小野知大が男子グランプリ5000mに出場しました。

レースは6組タイムレースで行われ、1組に有村と小野が出場しました。

雨が降り、肌寒さを感じる中、有村が序盤から積極的に先頭を引っ張りました。

3000m過ぎに野田啓太選手(日本大学)が前に出て少しペースが上がり、4000m過ぎに更にペースが上がった所で小野が遅れてしまいました。

ラスト1周で有村も遅れてしまいましたが、2人とも最後まで粘って有村は4位、小野は6位でゴールしました。

4組に市田孝が出場。

スタートしてすぐに外国人選手の集団が飛び出しましたが、市田孝は集団にはつかずにレースを進めました。

しばらくして第2集団から抜け出して前を追いかけましたが、3000m手前で武田凜太郎選手(ヤクルト)から離され、後続集団に吸収されてしまいました。

最後の競り合いでも田村友佑選手(黒崎播磨)に競り負けて8位でゴールしました。

最終6組に市田宏が出場しました。

スタート時には雨も上がり、好コンディションの中でのレースとなりました。

先頭集団は安定したペースで進みましたが、市田宏は2000m手前で離れてしまい、その後は苦しい走りとなり16位でのゴールとなりました。

試合結果

男子グランプリ5000m1組

4位 有村 優樹 14分10秒27
6位 小野 知大 14分15秒66

男子グランプリ5000m4組

8位 市田 孝 14分03秒87

男子グランプリ5000m6組

16位 市田 宏 14分26秒72

試合結果

スポーツ・イベント活動