第62回九州実業団陸上競技選手権大会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第62回九州実業団陸上競技選手権大会

2019年5月18日~19日/福岡県

第62回九州実業団陸上競技選手権大会が5月18日(土)、19日(日)の2日間、北九州市・鞘ヶ谷競技場において開催されました。

大会初日の男子1500mに旭化成からは仲村尚毅が出場しました。
天候は曇り、気温19度、強風が吹く中、16時00分にスタートしました。
レースは的野選手(MHPS)が主導権を握る展開で進みましたが、仲村は400mで早々に離脱してしまい4分03秒78の4位でのゴールとなりました。

男子10000m2組に丸山文裕が出場しました。
強風の為、レースは400m70秒前後のゆっくりとしたペースで進みました。
しかし、丸山は5000m過ぎから遅れてしまい、後半は苦しい走りとなり結局15位でゴールしました。

男子10000m3組には、有村優樹、山口修平、山本修二の3名が出場。
外国人選手が集団を先導しましたが、2組と同様に強風の影響から序盤はゆっくりとしたペースで進みました。
3000m過ぎにペースが上がると山口、山本は第2集団に、有村は残念ながら第2集団からも遅れてしまいました。
4000m過ぎには山本も第2集団から離れてしまいました。
後半集団が崩れる中、我慢の走りを続けた山口が11位、山本は16位、有村は17位でのゴールとなりました。

大会2日目に行われた男子5000mに今春大分東明高校から入社したマゴマ ベヌエル モゲニが出場しました。
初日同様の強風の中でのレースとなりましたが、モゲニはスタート直後から飛び出し、前日男子1500mで優勝したMHPSの的野選手を2000m手前から置き去りにして独走となりました。
強風の中での単独走となり、終盤はペースを落としましたが2位を200m近く引き離してトップでゴールしました。

試合結果

男子10000m3組

11位 山口 修平 29分38秒17
16位 山本 修二 29分56秒80
17位 有村 優樹 30分17秒21

男子10000m2組

15位 丸山 文裕 30分30秒76

男子5000m

1位 マゴマ ベヌエル モゲニ 13分59秒10

男子1500m

4位 仲村 尚毅 4分03秒78

試合結果

スポーツ・イベント活動