10000m標準記録突破会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

10000m標準記録突破会

2021年3月27日/宮崎県

10000m標準記録突破会が3月27日(土)、宮崎県延岡市・西階陸上競技場において開催されました。

17時00分スタートのB組は茂木圭次郎が28分16秒00突破を目標にペースメイクし、吉村大輝、仲村尚毅、山本修二、荻野太成、小野知大、安藤大樹が出場しました。

最初の1000mは2分50秒で通過。その後は風もあった為、徐々にラップが落ち3000mは8分34秒で通過。

それまで長い集団を形成していましたが、徐々に崩れて5000m手前では茂木、山本、山本の兄憲二選手(マツダ)の3名となりました。

その後は憲二選手が6400mから遅れ、山本も7200m過ぎから茂木につていけなくなってしまい、茂木が最後まで走り切りトップでゴール。

山本は残り200mからスピードを上げ、28分台でゴールしました。4位に小野、5位に安藤が入りました。

A組は市田孝と村山謙太が27分55秒切りを目標にペースメイクし、鎧坂哲哉、市田宏、今井崇人が出場。

2400mまで市田孝が先頭を引っ張り、その後は村山が先頭に立ち、5000mを13分58秒で通過。

ペースメーカーの役割を終えた時の先頭集団は鎧坂、塩尻和也選手(富士通)、田村友佑選手(黒崎播磨)、坂東剛・野中優志選手(大阪ガス)、竹内大地選手(トーエネック)の6名となりました。

その後は、鎧坂、田村選手、野中選手らが交互に先頭に立ちペースを維持しようとしましたが、残念ながら徐々にぺースは落ちてしまい27分台は望めなくなりました。

残り1周の鐘が鳴った時は5名の争いとなりましたが、9700mから塩尻選手がスパート。

鎧坂がこれを追いましたが、届かず塩尻選手がトップ。スピードの切れが自慢の田村選手が鎧坂をゴール前でかわし、鎧坂は3位でした。故障上がりの市田宏は10位でギリギリ28分台を達成し、今井は12位でした。

試合結果

10000mA組

3位 鎧坂 哲哉 28分12秒03
10位 市田 宏 28分59秒75
12位 今井 崇人 29分02秒31

10000mB組

1位 茂木 圭次郎 28分48秒58
2位 山本 修二 28分57秒79
4位 小野 知大 29分23秒79
5位 安藤 大樹 29分24秒33
9位 荻野 太成 29分48秒40
11位 吉村 大輝 30分05秒51
12位 仲村 尚毅 30分24秒22

試合結果

スポーツ・イベント活動