第201回東海大学長距離競技会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第201回東海大学長距離競技会

2021年5月29日/神奈川県

第201回東海大学長距離競技会が5月29日(土)、秦野市カルチャーパーク陸上競技場において開催されました。

旭化成からは市田宏、村山謙太、今井崇人、小野知大、マゴマ・ベヌエル・モゲニの5選手が出場しました。

天候は晴れ、気温27度、微風で若干暑さを感じるコンディションの中、旭化成勢が出場する最終組は19:05にスタートしました。

レースはイエゴ・エバンス選手(サンベルクス)が先頭に立ち、1000mを2分42秒で通過。

5選手は積極的に前方でレースを進めましたが、3000mを8分08秒で通過したところで、残念ながらモゲニと小野以外の選手は遅れてしまいました。

モゲニは最後まで先頭争いを展開し、ラスト勝負を制して13分40秒92の1位でゴール。

小野は最後まで粘り切り、13秒45秒25で自己記録を11秒更新しました。

村山は8位、市田12位。今井は後半失速してしまい19位でゴールとなりました。

試合結果

男子5000m9組

1位 Magoma Benuel Mogeni 13分40秒92
3位 小野 知大 13分45秒25[自己新]
8位 村山 謙太 13分56秒23
12位 市田 宏 13分57秒32
19位 今井 崇人 14分07秒41

試合結果

スポーツ・イベント活動