第288回日本体育大学長距離競技会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第288回日本体育大学長距離競技会

2021年6月5日~6日/神奈川県

第288回日本体育大学長距離競技会が6月5日(土)、6日(日)の2日間、健志台キャンパス陸上競技場において開催されました。

初日の10000mには市田宏、小野知大、マゴマ・ベヌエル・モゲニが出場しました。
気温22度、湿度76%のコンディションの中、18時40分にスタートしました。
レースは外国人選手が引っ張り、3選手とも先頭集団に積極的に加わり1000mを2分43秒で通過。 しかし、3000mを通過した後から小野は苦しくなり離れてしまいました。
5000mを市田とモゲニは13分51秒で通過。小野も14分02秒と粘りの走りを続けました。
残念ながら市田とモゲニも5000m過ぎに先頭集団から遅れてしましまいましたが、最後まで諦めない走りを展開してモゲニが27分56秒62の5位。
市田は日本人トップの28分16秒61(7位)でゴールし、自己記録を更新しました。
小野は29分04秒66の12位でした。

大会二日目に行われた5000mには大六野秀畝、山本修二、荻野太成が出場しました。
3選手は最終組となる13組に出場しました。
Hondaのカベサ選手が3000mを7分55秒設定でレースを先導しました。
大六野は日本人集団の前方、荻野は中程、山本は後方でレースを進めました。
レースが進むにつれ日本人の先頭集団は絞られていき、残り1000mで大六野がスパート。
そのまま13分31秒02の4位(日本人トップ)でゴールしました。
荻野は苦しみながらもよく粘り、セカンドベストの13分52秒71(19位)でゴール。
山本は残念ながら3000mで途中棄権しました。

試合結果

男子5000m13組

4位 大六野秀畝 13分31秒02
19位 荻野太成 13分52秒71

男子10000m2組

5位 Magoma Benuel Mogeni 27分56秒62
7位 市田 宏 28分16秒61[自己新]
12位 小野 知大 29分04秒66

試合結果

スポーツ・イベント活動