第75回宮崎県陸上競技選手権大会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第75回宮崎県陸上競技選手権大会

2021年7月3日~4日/宮崎県

第75回宮崎県陸上競技選手権大会が7月3日(土)、4日(日)の2日間、宮崎市のひなた陸上競技場において開催されました。

初日の男子10000mに安藤大樹が出場しました。
スタート時の気温27.7度、湿度75%と非常に蒸し暑い中スタートしました。
出場者は5名で安藤はスタート直後から1周72秒前後の安定したペースで独走。
4900mでは2位以下を全員周回遅れとし、5000mは15分00秒で通過しました。
7600mからはペースアップして、ラスト1周は走りを切り替えて66秒までペースを上げてゴールしました。 記録は29分49秒96でしたが蒸し暑い中、後半も粘り強く走り切り次のレースに向けて自信になるレースになりました。

大会2日目は男子5000mが行われ、最終組となる3組に國司寛人が出場しましたが、32度と真夏日の気温の中での耐久レースとなりました。
スタート直後から手嶋杏丞選手(明治大学)が先頭に立ち、1000mを2分57秒で通過しました。
國司は3番手あたりをキープしていましたが、2800m手前から先頭に立ち、400mを69秒にペースアップすると独走になりました。
しかし、手嶋選手が4000m過ぎにペースアップして國司を追走。
國司も1周74秒にぺースダウンしていたこともあり、残り1周で逆転されて優勝を逃しました。

試合結果

男子10000m

1位 安藤 大樹 29分49秒96
2位 國司 寛人 14分53秒30

試合結果

スポーツ・イベント活動