東京五輪2020陸上競技 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

東京五輪2020陸上競技

2021年7月23日~8月8日/東京都、北海道

東京五輪2020旭陽会陸上部躍動!
池田、陸上男子20㎞競歩 2位!
川野、陸上男子50km競歩 6位入賞!
相澤、陸上男子10000m 17位!

陸上男子10000mが7月30日、東京国立競技場で開催されました。
旭化成からは相澤晃が出場、世界の強豪選手を相手に果敢に挑戦し、28分18秒37の17位でゴールしました。

相澤晃 相澤晃

陸上男子20km競歩が8月5日、札幌市で開催されました。
旭化成からは池田向希が出場、1位マッシモ・スタノ選手(イタリア)と9秒差の1時間21分14秒で2位でした。
池田は、五輪で日本男子20km競歩史上最高順位でした。
(弊部としましても、1992年バルセロナ五輪の男子マラソン森下広一氏以来の2位となりました。)

池田向希 池田向希

陸上男子50km競歩が8月6日、札幌市で開催されました。
旭化成からは川野将虎が出場、3時間51分56秒で6位入賞を果たしました。
これにより、陸上男子20km競歩・50km競歩の2種目で旭化成勢が日本人選手最高順位を達成しました。
また、50km競歩は次回、2024パリ五輪から除外となり、今大会が五輪種目として最後となりました。

応援どうもありがとうございました!
大会の開催にあたり、ご尽力くださいました関係者の皆様に感謝申し上げます。

川野将虎 川野将虎

試合結果

男子10000m

17位 相澤 晃 28分18秒37

陸上男子20km競歩

2位 池田 向希 1時間21分14秒

陸上男子50Km競歩

6位 川野 将虎 3時間51分56秒

試合結果

スポーツ・イベント活動