第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

2021年9月24日~9月26日/大阪府

第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会が9月24日~26日の3日間、大阪市ヤンマースタジアム長居で開催されました。

15時55分スタートの男子3000m障害には荻野太成が出場しました。
スタート直後からショナサン・ディク選手(日立物流)が先頭に立ち、荻野と楠康成選手(阿見スポーツクラブ)、滋野聖也選手(プレス工業)らが追う展開となりました。
荻野が前に出ると滋野選手が遅れ、荻野と楠選手の2位争いになりました。
2400m過ぎ、荻野が遅れたが我慢と粘りの走りを続け、8分31秒51でゴールし、自身の持つ旭化成記録を更新しました。

男子5000m2組には小野知大が出場しました。
小雨があがり気温22度とやや涼しくなった中、18時に23名が出場しました。
小野はスタート直後から積極的に前方に位置取り、1000m2分45秒、2000m5分28秒、3000m8分18秒で通過しました。
ペースが落ちたところで小野が先頭に立ちペースを上げ、先頭は小野を含む4人となりました。
3700m付近で鈴木勝彦選手(SGホールディングス)がスパートするとこれに着いたのは小野1人でしたが、4400m過ぎに離されてしまいました。
ゴールまで残り50mのところで後ろから追い上げてきた梶谷瑠哉選手(SUBARU)にかわされて3着13分42秒81でゴールしました。
終始積極的なレース運びで自己記録を約3秒更新しました。

男子5000m最終組の3組にMagoma Benuel Mogeniが出場しました。
Mogeniも前方の好位置をキープし、4000mを10分48秒で通過しました。
4000m過ぎで先頭集団が急激なペースアップをしたとき、集団の最後尾15番手あたりまで下がってしまいました。
最後には追い上げて7着13分24秒09でゴールし、自己新記録を更新しました。

試合結果

男子3000m障害

3位 荻野 太成 8分31秒51
[自己新][旭化成新][宮崎県新]

男子5000m2組

3位 小野 知大 13分42秒81[自己新]

男子5000m3組

3位 Magoma Benuel Mogeni 13分24秒09[自己新]

試合結果

スポーツ・イベント活動