宮崎県長距離記録会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

宮崎県長距離記録会

2021年10月16日/宮崎県

宮崎県長距離記録会が10月16日(土)、宮崎県延岡市・西階陸上競技場において開催されました。

17時スタート時、気温29.2度・湿度61%と非常に蒸し暑い中、スタートしました。旭化成からは10名(Magoma Benuel Mogeni(以下、M.B.モゲニ)、市田孝、小野知大、齋藤椋、國司寛人、丸山文裕、吉村大輝、有村優樹、鎧坂哲哉、今井崇人)が出場しました。

序盤、市田孝とM.B.モゲニが交互に先頭に立ち、3000mを8分29秒で通過。それに小野知大、阿部弘輝選手(住友電工)がつき、4人の先頭集団とそれに続く第2集団が形成されました。その後、3400mで先頭集団から阿部選手が遅れると4000m付近で小野も遅れました。5000mを市田孝とM.B.モゲニはが14分10秒で通過。7000mをM.B.モゲニが19分55秒で通過しました。この直後、市田孝も離れ、M.B.モゲニがそのまま独走でゴールしました。
当大会は気温の高さから28分台が2名のみとなりましたが、フルタイム勤務で練習に励んでいる國司寛人は自己記録を更新しました。

試合結果

男子10000m決勝

1位 Magoma Benuel Mogeni 28分33秒79
2位 市田 孝 28分41秒16
3位 小野 知大 29分15秒50
4位 齋藤 椋 29分21秒17
5位 國司 寛人 29分25秒99[自己新]
6位 丸山 文裕 29分32秒05
8位 吉村 大輝 30分43秒68
9位 有村 優樹 31分08秒18

試合結果

スポーツ・イベント活動