第58回九州実業団毎日駅伝競走大会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第58回九州実業団毎日駅伝競走大会

2021年11月3日/福岡県

第58回九州実業団毎日駅伝競走大会が11月3日(水)に福岡県北九州市において開催され、旭化成は4年連続47回目の優勝を果たし、元日のニューイヤー駅伝の出場権を獲得しました。
ニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)の九州代表8枠を目指し16チーム。そして、オープン参加の旭化成B、実業団混成チームの2チーム、計18チームが出場して、北九州市本城陸上競技場を9時にスタートで行われました。
なお、今年の旭化成の駅伝ユニフォームは旭化成ホームズのご協力により「HEBEL HAUS」のロゴを表記したユニフォームを着用してのレースとなりました。

1区(12.9km)、旭化成Aは東京五輪10000m代表の相澤晃、旭化成Bは山本修二が担いました。陸上競技場内400mを62秒と井上大仁選手(三菱重工)(以下、井上選手)が先頭を引っ張りハイペースの入りとなりました。
道路に出てからも井上選手と田村友祐選手(黒崎播磨)(以下、田村選手)が交互に先頭に立ち、2kmで早くも6人の集団に絞られました。更に3kmで田村選手がペースアップするとそれについたのは井上選手のみ。しかし、井上選手も5km付近では相澤らに吸収されました。逃げる田村選手を5人の集団が追う展開が5km以上続きましたが、10.7km付近から相澤が抜け出し猛追しました。
1区のコースを知り尽くした田村選手が自らの区間記録を21秒更新する36分28秒、相澤は13秒遅れの36分41秒で区間2位、区間4位の中村高洋選手(京セラ鹿児島)までが区間新記録でした。
旭化成Bの山本修二は38分01秒で区間12位でした。

2区(7.0km)旭化成Aのマゴマ・ベヌエル・モゲニは、4秒後ろから追いついてきたクレオファス・カンディエ・メヤン選手(三菱重工)にかわされたものの後半の上りを考え1km2分41秒で入る冷静な走り。4km過ぎには実力者ベナード・コエチ選手(九電工)(以下、コエチ選手)に追いつかれましたが、それにピタリとつき前を追いました。上りでコエチ選手において行かれましたが、下りでリズムを取り戻し黒崎播磨、三菱重工をかわしコエチ選手を猛追。中継所直前まで並走し1秒差で中継。19分19秒で区間2位でした。旭化成Bの吉村大輝は20分49秒で区間10位でした。

3区(10.9km)旭化成Aは市田孝、旭化成Bは荻野太成が登場。市田は大塚祥平選手(九電工)を直ぐにかわし先頭に立ちましたが、的野遼大選手(三菱重工)、土井大輔選手(黒崎播磨)が追いつき暫く4人の集団となりました。
しかし、3km過ぎになると3人が離れはじめ、その差は距離が進むごとに開き、昨年相澤晃が樹立した区間記録を2秒更新する30分37秒で区間新記録を樹立。2位三菱重工とは11秒差となりました。
旭化成Bの荻野太成は32分00秒で区間10位でした。

4区(9.5km)旭化成Aは茂木圭次郎が受け待ちました。茂木は体調を崩した期間がありましたが不安を払拭する快走で区間記録にあと1秒に迫る27分07秒で区間賞を獲得し、2位三菱重工との差を33秒に広げました。
旭化成Bも同じく体調を崩し10月に練習を再開した安藤大樹が走りました。29分01秒の区間11位と復調の兆しが見えた走りでした。

各チームのエースが揃う5区(13.0km)、旭化成Aは小野知大が登場。持前の集中力を発揮して激走し、市田孝の区間記録を29秒更新する37分06秒で区間新記録を樹立。2位三菱重工との差を1分21秒に更に広げました。
旭化成Bの齋藤椋も38分28秒で区間6位の走りを見せましたが、交通規制の関係で6区有村優樹は繰り上げスタートとなってしまいました。

6区(10.9km)旭化成Aは鎧坂哲哉が登場。鎧坂は大会事務局が想定した中継予定時刻に合わせ準備しましたが、5区までが区間新記録やそれに近い記録で快走したこともあり予定より4分早く小野が中継所飛び込んで来ました。そのため、タスキ渡しに遅れ10秒程のロスタイムとなりましたが、貫禄の走りで区間記録1秒更新する31分24秒で区間新記録を樹立。2位に上がった黒崎播磨に1分58秒の大差をつけました。
旭化成Bの有村は、繰り上げスタートの集団から抜け出し、鎧坂と34秒差の区間3位と好走を見せました。

アンカー7区(16.0km)旭化成Aの大六野秀畝は最長区間を悠々と快走し、自ら持つ区間記録を12秒更新する45分57秒で区間新記録を樹立。2位三菱重工に3分44秒差とし、これまでの大会記録を3分20秒更新する3時間48分11秒でゴール。47回目の九州王者となりました。
旭化成Bの國司寛人は粘りの走りで、48分43秒で区間11位でした。オープン参加の旭化成Bは10番目でゴールしました。

応援どうもありがとうございました!大会の開催にあたり、ご尽力くださいました関係者の皆様に感謝申し上げます。

第58回九州実業団毎日駅伝競走大会成績

1位 旭化成A 3時間48分11秒[大会新]
距離 選手名 記録 区間順位
1 12.9km 相澤 晃 36分41秒[区間新] 区間2位
2 7.0km マゴマ・ベヌエル・モゲニ 19分19秒 区間2位
3 10.9km 市田 孝 30分37秒[区間新] 区間1位
4 9.5km 茂木 圭次郎 27分07秒 区間1位
5 13.0km 小野 知大 37分06秒[区間新] 区間1位
6 10.9km 鎧坂 哲哉 31分24秒[区間新] 区間1位
7 16.0km 大六野 秀畝 45分57秒[区間新] 区間1位
旭化成B 3時間58分59秒
距離 選手名 記録 区間順位
1 12.9km 山本 修二 38分01秒 区間12位
2 7.0km 吉村 大輝 20分49秒 区間10位
3 10.9km 荻野 太成 32分00秒 区間10位
4 9.5km 安藤 大樹 29分01秒 区間11位
5 13.0km 齋藤 椋 38分28秒 区間6位
6 10.9km 有村 優樹 31分57秒 区間3位
7 16.0km 國司 寛人 48分43秒 区間11位

試合結果

駅伝

1位 旭化成A 3時間48分11秒[大会新]

試合結果

スポーツ・イベント活動