第293回日本体育大学長距離競技会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第293回日本体育大学長距離競技会

2021年12月4日~5日/神奈川県

第293回日本体育大学長距離競技会が12月4日(土)、5日(日)の2日間、横浜市・日本体育大学横浜健志台キャンパス陸上競技場において開催されました。

旭化成からは大会1日目の男子10000m11組に荻野太成が出場しました。
荻野は集団前方に位置取り1000mを2分52秒で入り、その後も1000mのラップタイムを2分50秒~53秒と落ち着いたペースでレースを進めました。4000m手前で荻野が一旦先頭に出されるかたちとなり、5000mを14分21秒で通過しました。その後直ぐに集団に戻り、7000m過ぎでペースが落ちた所で再び先頭に立ちました。8000mを22分58秒で通過。少し集団から抜け出しましたが次の1000mのラップタイムで2分56秒かかり、追いつかれてラストの競り合いになりました。ラスト1000mのラップタイムを2分41秒まで上げましたが、木山凌選手(大東文化大学)に僅か1秒06及ばず、 惜しくも11組2位の28分36秒53でゴール。自己記録を0秒08更新しました。

試合結果

男子10000m11組

2位 荻野 太成 28分36秒53[自己新]

試合結果

スポーツ・イベント活動