第30回金栗記念選抜陸上中長距離大会2022 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第30回金栗記念選抜陸上中長距離大会2022

2022年4月9日/熊本県

第30回金栗記念選抜陸上中長距離大会2022年4月9日(土)、熊本市・えがお健康スタジアムにおいて開催されました。
旭化成からは、グランプリ種目5000mに2名、鎧坂哲哉、茂木圭次郎が出場。グランプリ種目10000mに5名、大六野秀畝、市田孝、相澤晃、キプランガット・デービス、マゴマ・ベヌエル・モゲニが出場しました。

5000mタイムレース4組に鎧坂が出場。集団後方に位置取り、1000mを2分40秒程で通過。徐々に順位を上げて行きました。3000mを8分15秒程で通過。3200m付近で先頭集団から遅れ、17位14分05秒27でゴールしました。

5000mタイムレース5組に茂木が出場。茂木のレーススタイルである集団最後尾に位置取り、1000mを2分40秒程で通過しました。1400m付近で遅れ出し、粘りのレースを展開。13分52秒17でゴールしました。

10000mタイムレース2組FINALに大六野、市田孝、相澤、K.デービス、M.B.モゲニが出場 アンティパス・キベット(SGホールディング)を先頭に1000mを2分45秒程で通過。2000mは5分30秒程で通過、K.デービスは先頭集団の前方に位置取りを上げました。5000mは13分53秒程で通過、5800m付近で先頭のペースが上がると大六野が遅れ出しました。
7800mで伊藤達彦選手(Honda)が先頭へ。ここで1周66秒まで上がりました。K.デービスが先頭に立ち、集団を引張りました。このとき先頭集団は8人に絞られました。9200mからの400mは64秒まで上がり、ラスト1周400mの勝負になりました。先頭のエバンス・ケイタニー選手(トヨタ紡織)らはラスト56秒で走り切り、旭化成勢はそれに続き、K.デービス、相澤、M.B.モゲニ、市田孝の順でゴールしました。
このレースで旭化成勢は3名、K.デービス、M.B.モゲニ、市田孝が自己記録を更新しました。

試合結果

5000m4組

17位 鎧坂 哲哉 14分05秒27

5000m5組

15位 茂木 圭次郎 13分52秒17

10000m2組FINAL

4位 キプランガット・デービス 27分44秒92[自己新]
5位 相澤 晃 27分45秒26
6位 マゴマ・ベヌエル・モゲニ 27分46秒39[自己新]
8位 市田 孝 27分48秒22[自己新]
14位 大六野 秀畝 28分23秒19

試合結果

スポーツ・イベント活動