2022日本学生陸上競技個人選手権大会 兼 FISUワールドユニバーシティゲームズ(2021/成都 以下WUG)日本代表選手選考競技会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

2022日本学生陸上競技個人選手権大会 兼 FISUワールドユニバーシティゲームズ(2021/成都 以下WUG)日本代表選手選考競技会

2022年4月15日~17日/神奈川県

2022日本学生陸上競技個人選手権大会 兼 FISUワールドユニバーシティゲームズ(2021/成都 以下WUG)日本代表選手選考競技会が4月15日(金)~17日(日)、神奈川・レモンガススタジアム平塚において開催されました。
当大会は、FISU World University Games(2021/成都) 開催延期に伴い、2022年度に日本代表選手選考競技会が延期されました。

旭化成からは、男子10000m決勝に2名、新人の鈴木聖人、藤木宏太が出場しました。
18時10分スタート時の天候は小雨、気温12度。風が強く吹いていました。1000mの通過が2分59分とスローペースでスタートしました。鈴木は3000m手前で苦しくなり、先頭集団から離れてしまいました。藤木は5000mを14分22秒で通過。6000m手前で先頭集団から離れましたが、そこから粘り4位集団を形成。最後は競り負けて7位28分53秒01でゴールしました。 鈴木は落ちてくる選手を抜きながら粘りの走りを続け13位29分20秒54でゴールしました。

試合結果

男子10000m

7位 藤木 宏太 28分53秒01
13位 鈴木 聖人 29分20秒54

試合結果

スポーツ・イベント活動