春季延岡記録会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

2022年4月23日/宮崎県

春季延岡記録会が4月23日(土)、宮崎県延岡市・西階陸上競技場において開催されました。
最終種目5000mA組に旭化成から7名、市田宏、村山謙太、山本修二、小野知大、安藤大樹、キプラガット・デービス、マゴマ・ベヌエル・モゲニが出場しました。

17時45分スタート時の天候は小雨、気温18度無風と絶好のコンディションでした。スタートと同時にキプラガット・エマヌエル選手(三菱重工)が先頭に立ち、最初の1000mを2分42秒で通過。5000m13分30秒ペースに安藤はつき、K.デービス、M.B.モゲニも前方に、他の選手は中程に位置取りをレースを進めました。先頭集団は3000mを8分14秒で通過。その後、集団が崩れ外国人のグループは4000m10分56秒、安藤は10分59秒でした。先頭争いをしていたK.デービスはゴール直前にエマヌエル選手にかわされ2位でしたが13分30秒91の好記録でした。安藤も粘り、最後1周(400m)を60秒でカバーして6位13分41秒76で日本人トップでゴール。自己記録を約23秒更新しました。後続は市田が徐々に順位をあげ10位、村山は12位。小野は20位。山本は22位でした。

試合結果

男子5000mA組

2位 K.デービス 13分30秒91
5位 M.Bモゲニ 13分38秒66
6位 安藤 大樹 13分41秒76[自己新]
10位 市田 宏 13分47秒78
12位 村山 謙太 13分50秒02
20位 小野 知大 13分59秒26
22位 山本 修二 14分13秒80

試合結果

スポーツ・イベント活動