第33回ゴールデンゲームズinのべおか | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第33回ゴールデンゲームズinのべおか

2022年5月4日/宮崎県

5月4日(水)第33回ゴールデンゲームズinのべおか(日本グランプシリーズ)が3年振りに延岡市営西階陸上競技場で開催されました。旭化成からは新人3名(鈴木聖人、手嶋杏丞、藤木宏太)を含む、14名が出場しました。

H組は國司が出場。序盤後方に位置していましたが徐々に前方に上がり4000m付近では2番手。最後は内田光選手(YKK)スパートに対応できずそのまま2位でゴールしました。
G組は松尾、前川が出場しました。2400m過ぎ集団が分かれたとき、前川が遅れました。粘っていた松尾も3000m過ぎに遅れて17位、前川は20位でゴールしました。

E組に今井、手嶋が出場しました。手嶋は前方に位置しましたが、3000m過ぎに集団から離れてしまいました。
一方、今井は飛び出したアニダ・サレー選手(第一工科大学)を追う2位集団で粘りましたが遅れて11位、手嶋は24位でゴールしました。

D組はペースメーカーのM.B.モゲニ、小野、鈴木、藤木が出場しました。3人とも1000m2分45秒前後のペースにつけず我慢のレースとなりました。
第2集団を引っ張った鈴木は順位を上げ5位、藤木が15位、小野が17位でした。

C組はペースメーカーのK.デービス、市田宏、村山が出場しました。村山はK.デービスにつき、市田は後方に位置取りました。
残り200mで長嶋幸宝選手(西脇工業高校)がスパート。村山が意地で先頭に立つとそのままトップでゴール。市田は5位でした。

A組(FINAL)には安藤が出場しました。ペースメーカーのジェームス・ムオキ選手(コニカミノルタ)を先頭に安藤は5番手あたりを走っていました。
4000mを10分53秒で通過後きつくなり離れてしまいましたが、懸命な走りを続け13分36秒70の自己新記録で9位でした。

試合結果

男子5000mH

2位 國司 寛人 14分18秒66

男子5000mG

17位 松尾 良一 14分33秒02
20位 前川 紘導 14分42秒57

男子5000mE

11位 今井 崇人 13分55秒64
24位 手嶋 杏丞 14分56秒19

男子5000mD

5位 鈴木 聖人 13分47秒07
15位 藤木 宏太 13分57秒30
17位 小野 知大 13分57秒97
DNF M.Bモゲニ

男子5000mC

優勝 村山 謙太 13分36秒84
5位 市田 宏 13分41秒38
DNF K.デービス

男子5000mA

9位 安藤 大樹 13分36秒70[自己新]

試合結果

スポーツ・イベント活動