研究開発戦略 | 研究・開発 | 旭化成株式会社

第311回日本体育大学長距離競技会 兼 第7回NITTAIDAI Challenge Games

2023年12月2日/神奈川県

12月2日(土) 第311回日本体育大学長距離競技会兼第7回NITTAIDAI Challenge Games(以下、NCG)が日本体育大学横浜健志台キャンパス陸上競技場で開催され、 NCG男子10000mに長嶋幸宝が出場しました。長嶋は1位27分44秒86の自己新記録でゴールしました。(U20(その年の12月31日で20歳未満)の日本歴代2位かつ高卒1年目の日本記録でした)
20時00分、気温8.6度、風1m/sの中、スタート。スタート直後に長嶋が先頭に立ち1周(400m)した後、ネルソン・マンデラ選手(桜美林大学)が先頭を引っ張りました。1600m付近から先頭集団は外国人選手3人と長嶋、川瀬翔矢選手(honda)、吉田礼志選手(中央学院大学)の6人となりました。後続集団から松岡竜矢選手(Kao)が追いつき、5000mを13分56秒で通過。7000mでは長嶋、吉田選手、松岡選手を含む5人に絞られました。その後、8200mで吉田選手が先頭に立ちペースアップしましたが、長嶋はそれに付いて300mでスパートすると他の選手はつけませんでした。長嶋は更に残り400m、200mと2段階にペースアップして1位27分44秒86でゴールしました。

試合結果

男子10000m

1位 長嶋 幸宝 27分44秒86[自己新]

試合結果

スポーツ・イベント活動

Tomorrow’s Stories