研究開発戦略 | 研究・開発 | 旭化成株式会社

第48回全日本競歩能美大会

2024年3月17日/石川県

3月17日(日)第48回全日本競歩能美大会が石川県能美市の1周1kmの日本陸上競技連盟公認能美市営20kmコースで行われ、川野将虎が出場しました。
8時50分スタート。川野はスタート直後から先頭に立ち、最初の1kmを3分50秒切りのペースで飛ばしました。先頭を独歩する川野の10km通過は39分06秒。24秒差で丸尾知司選手(愛知製鋼)が続きました。その後、勝木隼人選手(自衛隊体育学校)が引っ張る3位集団が丸尾選手に追いつき、5人の2位集団を形成しました。この集団のペースに丸尾選手が遅れ、13km手前で川野も並ばれて川野、勝木選手、吉川絢斗(東京学芸大学)選手、萬壽春輝選手(順天堂大学)の4人の先頭集団となりました。15km過ぎに勝木選手が仕掛けると川野はこれに付き、2人の一騎打ちになりましたが、川野は16kmで遅れをとり2位、1時間18分54秒でゴールしました。

試合結果

20km競歩

2位 川野 将虎 1時間18分54秒

試合結果

スポーツ・イベント活動

Tomorrow’s Stories