グランドスラム・エカテリンブルク大会 | 試合結果 | 旭化成 柔道部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

グランドスラム・エカテリンブルク大会

大島、永瀬、次々強豪破るも、惜しくも準優勝!

3月15日(金)~17日(日)に『グランドスラム・エカテリンブルク大会』がロシア/エカテリンブルグにおいて開催されました。

大島は、初戦から好調で動きも良く、また持ち前の粘り強さを存分に発揮し、決勝に駒を進めます。しかしながら、決勝戦では指導1つリードしながらも続けざまに反則を犯してしまい、指導3による反則負。非常に勿体ない敗戦となりましたが、堂々の準優勝を果たしました。

永瀬は初戦から強豪選手を次々と撃破。準々決勝戦ではリオ五輪王者との対戦となりましたが、そこでも粘り強く戦い、ゴールデンスコアによる優勢勝。順調に決勝戦に進出しました。その決勝戦では、本戦の残り3秒で不意に相手選手の技を受けてしまい、技有を奪われ優勢負けとなってしまいました。大島同様に非常に勿体ない敗戦となってしまいました。

羽賀は1回戦で、優勝したロシア選手にゴールデンスコアによる優勢負となり、上位進出に絡むことができませんでした。

  • 60kg級で準優勝した大島(右)
    60kg級で準優勝した大島(右)

試合結果

60kg級

準優勝 大島 優磨

81kg級

準優勝 永瀬 貴規

100kg級

1回戦敗退 羽賀 龍之介

試合結果

出場選手

  • 60kg級 大島 優磨
  • 81kg級 永瀬 貴規
  • 100kg級 羽賀 龍之介

スポーツ・イベント活動