グランドスラム大阪2019 | 試合結果 | 旭化成 柔道部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

グランドスラム大阪2019

永瀬、羽賀が揃って優勝!

11月22日(金)~24日(日)に大阪府/丸善インテックアリーナ大阪において「グランドスラム大阪2019」が開催されました。

2日目に出場した81kg級の永瀬は、初戦から危なげなく順調に勝ち進む。準決勝戦では先日の講道館杯を制し、勢いのある若手、友清選手(国士館大学)と対戦。その試合も得意の大外刈で技有を奪い、終盤には背負落で一本を奪う完勝で決勝戦進出を決めた。迎えた決勝戦の相手は東京五輪の代表争いを繰り広げている藤原選手(日本体育大学)と対戦。開始から息が詰まる試合展開だったが、ゴールデンスコア突入後、永瀬がペースを上げ、指導蓄積による反則勝で優勝を決めた。永瀬はこれで国際大会4連勝となった。
3日目に出場した羽賀は、代名詞の内股が冴え、一本勝連続で決勝戦に進出。その決勝戦の相手は準決勝でウルフ選手(了徳寺大学職員)を破って勝ち上がってきたGASIMOV選手(AZE)。この対戦も中盤に内股で技有を奪う。その後は手堅く戦い、優勢勝。2年ぶりの国際大会優勝を決めた。

試合結果

81kg級

優勝 永瀬 貴規

100kg級

優勝 羽賀 龍之介

試合結果

出場選手

  • 81kg級 永瀬 貴規
  • 100kg級 羽賀 龍之介

スポーツ・イベント活動