東京五輪2020柔道競技 | 試合結果 | 旭化成 柔道部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

東京五輪2020柔道競技

大野 五輪2連覇の偉業成し遂げる!!

7月26日(月)東京都/日本武道館において『東京五輪2020柔道競技男子73kg級』が開催され、弊部より大野将平が出場しました。
大野は初戦となった2回戦を得意の内股で一本勝。幸先の良いスタートを切ります。続く3回戦、準々決勝も抑え込みと合技で一本勝ちをおさめ、準決勝TSEND-OCHIR(MGL)選手との対戦を迎えます。この日初めての延長戦に突入しますが、4分54秒小外掛で技有を奪い決勝戦に進みます。決勝戦の相手はSHAVDATUASHVILI(GEO)選手、今年の世界選手権王者です。試合開始から気合十分の両者、激しい組手争いが繰り広げられます。延長戦に突入し、指導を1つリードされる展開も大野はじっと我慢し、迎えた延長9分26秒支え釣り込み足を決め技有りを奪い、見事リオ五輪に続く連覇を達成しました。

大野 試合結果

2回戦

大野 〇 内股 アレクサンドル・ライク(ルーマニア)

3回戦

大野 〇 横四方固め ビラル・チログル(トルコ)

準々決勝

大野 〇 合わせ技 ルスタム・オルジョフ(アゼルバイジャン)

準決勝

大野 〇 指導3 ツォグバートル・ツェンドオチル(モンゴル)

決勝

大野 〇 内股 ラシャ・シャブダトゥアシビリ(ジョージア)

永瀬 リオ五輪のリベンジ果たす優勝

27日(火)81kg級では弊部より永瀬貴規が出場しました。
永瀬は初戦を相手の累積指導による反則勝ち、3回戦を得意の足車で一本勝ち、波に乗ります。準々決勝も延長戦を制し、準決勝では今年の世界選手権王者CASSE(BEL)選手と対戦します。互いに攻めあぐねる時間が続きましたが延長2分50秒背負い投げで技有を奪い決勝戦に進みます。決勝戦の相手はMOLLAEI(MGL)選手、身体を密着させてパワー勝負を仕掛けてきますが、永瀬は冷静に対応し勝機をうかがいます。疲労が見えてきた相手に対し永瀬は一気に攻勢に出て、延長1分40秒足車で技有りを奪い、見事リオ五輪のリベンジを果たす優勝を決めました。

永瀬 試合結果

2回戦

永瀬 〇 指導3 ベダ・アルバイラク(トルコ)

3回戦

永瀬 〇 足車 クリスティアン・パルラーティ(イタリア)

準々決勝

永瀬 〇 小外刈 ドミニク・レッセル(ドイツ)

準決勝

永瀬 〇 体落 マティアス・カッセ(ベルギー)

決勝

永瀬 〇 体落 サイード・モラエイ(モンゴル)

試合結果

73kg級

優勝 大野 将平

81kg級

優勝 永瀬 貴規

試合結果

出場選手

  • 73kg級 大野 将平
  • 81kg級 永瀬 貴規

スポーツ・イベント活動