第281回日本体育大学長距離競技会 | 試合結果 | 旭化成 陸上部 | スポーツ・イベント活動 | 旭化成株式会社

第281回日本体育大学長距離競技会

2020年11月14日~15日/神奈川県

第281回日本体育大学長距離競技会が11月14日(土)、15日(日)の2日間、横浜市・日本体育大学横浜健志台キャンパス陸上競技場において開催されました。

大会初日は10000mが9組で開催され、旭化成から8組に山本修二、最終組には今井崇人が出場しました。

山本は800m過ぎから先頭に出て引っ張りました。
途中、何度か先頭を誰かに譲ろうと2レーンに出ましたが、誰も前に出ず結局山本が先頭で5000mを14分27秒で通過。
7000m辺りで一気に山本がペースを上げて4~5秒程1人抜け出して1周400m毎のラップを68秒で刻みましたが、8000m過ぎから少しペースが落ち出して9000mで後方の集団に吸収されました。
吸収された集団に踏み止まり、残り1周を切ったところでスパートの掛け合いになりましたが結局4位でゴール。
レースを引っ張り、自分でレースを作りながらも僅かながら自己記録を更新しました。

最終組は日立物流の外国人選手2人が飛び出して全く別のレースになりました。
今井は第2グループで5~6番手にいましたが、少しずつ順位を下げ集団後方で構えて、5000mを14分14秒で通過しました。
この時点で日本選手権参加標準記録(28分20秒)を切るのは難しいと思われましたが、7000mを過ぎてペースが上がりこの集団は7名になり、残り1周までこの集団で仕掛け合いになりました。
残念ながら今井は取り残されて9位でのゴールとなりましたが、自己記録を約20秒更新して日本選手権の参加標準記録を突破しました。

2日目の15日は5000mが行われ、18組に仲村尚毅、19組に村山紘太が出場しました。

18組の仲村はスタート後4~5番手に位置取り、1000mを2分43秒で入りました。
2000mを5分32秒で通過し、2400m過ぎに集団が割れて、仲村は第2集団にいましたが徐々に遅れ出してしまいました。
3000mを8分23秒とラップタイムもやや落ちてしまい残り1000mは粘りましたが、14分04秒と13分台にはあと少し届きませんでした。

最終組の19組は外国人選手が7名飛び出して、村山は第2集団グループの8番手でレースを進めました。
1000m2分39秒、2000mを5分24秒で通過。
2400m過ぎに外国人選手が1人抜け出そうとした時に対応して2人で一時抜け出しましたが、後続に吸収されてしまいました。
3000mは8分11秒で通過。
3200m過ぎから徐々に順位を下げてしまい4000mは11分03秒。 ここから、ペースを上げて残り150mから更に走りを切り替えて数名かわして、15位13分45秒37でゴールしました。

試合結果

男子10000m8組

4位 山本 修二 28分44秒74[自己新]

男子10000m9組

9位 今井 崇人 28分14秒65[自己新]

男子5000m18組

15位 仲村 尚毅 14分04秒85

男子5000m19組

15位 村山 紘太 13分45秒37

試合結果

スポーツ・イベント活動