吉野 彰プロフィール | 吉野 彰 | 開発者インタビュー | Creating for Tomorrow | 旭化成株式会社

吉野 彰プロフィール

学歴

1970年3月 京都大学工学部 石油化学科卒
1972年3月 京都大学大学院 工学研究科 石油化学専攻 修士課程修了
2005年3月 大阪大学大学院 工学研究科 博士(工学)取得

略歴

1972年4月 旭化成工業株式会社(現 旭化成株式会社)入社
1982年10月 当社 川崎技術研究所
1992年3月 当社 イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長
1994年8月 株式会社エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長
1997年4月 旭化成株式会社 イオン二次電池事業グループ長
2001年5月 当社 電池材料事業開発室 室長
2003年10月 当社 旭化成グループフェロー
2005年8月 当社 吉野研究室 室長
2010年4月 技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC)理事長(現在)
2015年10月 旭化成株式会社 顧問
2017年7月 名城大学大学院理工学研究科 教授(現在)
2017年10月 旭化成株式会社 名誉フェロー(現在)
2018年4月 九州大学グリーンテクノロジー研究教育センター 訪問教授(現在)
2019年12月 九州大学 栄誉教授(現在)
2020年1月 (国研)産業技術総合研究所 フェロー、兼 エネルギー・環境領域 ゼロエミッション国際共同研究センター長(現在)
2020年2月 名城大学 特別栄誉教授(現在)

主な受賞など

1999年3月 (公社)日本化学会「平成10年度 化学技術賞」(リチウムイオン二次電池の開発の功績)
1999年10月 米国電気化学会「1999 Technical Award of Battery Division」
(Pioneering work on lithium ion battery technologyの功績)
2001年4月 (公財)新技術開発財団(現 市村清新技術財団)「平成13年度市村産業賞功績賞」(リチウムイオン二次電池の開発と製品化の功績)
2001年10月 (社)発明協会「関東地方発明表彰 文部科学大臣発明奨励賞」
2002年6月 (社)発明協会「全国発明表彰 文部科学大臣発明賞」
2003年4月 文部科学省「文部科学大臣賞 科学技術功労者」
2004年4月 日本国「紫綬褒章」
2011年11月 (財)材料科学技術振興財団「山﨑貞一賞」
2011年11月 (公財)NEC C&C財団「C&C賞」
2012年3月 (公社)日本化学会「第5回日本化学会フェロー」
2012年6月 米国電気電子工学会「IEEE Medal For Environmental And Safety Technologies」
2013年6月 ロシア「The Global Energy Prize」
2013年11月 (公財)加藤科学振興会「加藤記念賞」
2014年2月 全米技術アカデミー「The Charles Stark Draper Prize」
2014年10月 (公社)電気化学会「功績賞」
2016年9月 (国研)物質・材料機構「NIMSアワード2016」
2018年4月 (公財)国際科学技術財団「Japan Prize(日本国際賞)」
2019年6月 欧州特許庁「欧州発明家賞」
2019年11月 日本国「文化勲章」「文化功労者」
2019年12月 スウェーデン王立科学アカデミー ノーベル化学賞

主要論文

主要特許

登録番号 発明の名称 出願日 登録日 発明者名
1989293 二次電池 1985年5月10日 1995年11月8日 吉野彰
実近健一
中島孝之
2128922 非水系二次電池 1984年5月28日 1997年5月2日 実近健一
吉野彰
2642206 防爆型二次電池 1989年12月28日 1997年5月2日 吉野彰
中西和彦
小野晃
2668678 二次電池 1986年11月8日 1997年7月4日 吉野彰
四方雅彦
3035677 安全素子付き二次電池 1991年9月13日 2000年2月25日 吉野彰
井上克彦
USP 4,668,595 Secondary Battery 1985年5月10日 1987年5月26日 吉野彰
実近健一
中島孝之
  • 優先日